晩秋の霧島旅行

今日から師走。
今年も残すところわずか1月となってしまった。
こうして年を重ね、年老いていくのだなあ。
足腰が立たなくなる前に、というわけでもないが、みんなみ屋の暇な連中で先月29~30日、晩秋の霧島に出かけた。
絶好の行楽日和で、みんな年甲斐もなく、ルンルン気分である。
せっかくのことだから少し歩こうということで、えびのにある六観音御池に行った。
韓国岳が秋に染まっている。
d0230507_1225425.jpg

駐車場から30分ほどの所にある六観音御池までやってきた。
d0230507_1243411.jpg

d0230507_1245836.jpg

もう少し早ければ見事な紅葉が見られたはずだが、時は移っていた。
遊歩道の北側にある甑岳。夕日を浴びて赤く染まっている。
d0230507_1272680.jpg

韓国岳をバックに集合写真。
d0230507_1295824.jpg

2日目、霧島神話の里公園に行った。
桜島がぼんやり霞んでいる。
d0230507_12213536.jpg

d0230507_12221647.jpg

雲に覆われていた高千穂峰が美しい山容を見せてくれる。
d0230507_1226812.jpg

公園内の赤く染まった樹々。
d0230507_12272429.jpg

d0230507_12275068.jpg


美しい霧島の山々や樹々に元気をもらった。
来週からはふるさと便づくりに頑張るぞー!!
[PR]

# by minnamiya | 2016-12-01 12:31 | ふるさと散歩 | Trackback | Comments(0)  

秋の野鳥 3

前回の記事でお知らせした野鳥の生態で初めて撮った画像を紹介する。
25日に田布施の田んぼから、万之瀬川河口に向かっていた時のこと。
河口近くの堂御木橋(どうみきばし)に車を止めて鳥を探した。
ここは必ずといっていいほど、カワセミを見ることができるお気に入りの場所である。
その日もカワセミを見たのだが、木の陰から陰へと瞬時に飛び回り撮影できない。
いつもなら船やロープに止まってくれるのだが、この日は全く駄目である。
ふと下を見るとカイツブリがいる。
d0230507_646068.jpg

カイツブリは潜水が得意で、よく潜ってはエサを探す。
目の前で何回も潜っては浮く。その様子を写すことができた。
d0230507_6485388.jpg

d0230507_6492688.jpg

飛んだり浮かんだりしている姿はこれまでたくさん撮ってきたが、潜っているところは初めてであった。
満足して河口に行くとクロツラヘラサギがいる。
固まって休んでいるので何羽かわからないが、15は超えているようだ。
d0230507_6534462.jpg

砂の上では、オナガガモがのんびり休んでいる。
右端と左から3番目はカルガモ。
d0230507_6551051.jpg

河口ではこのカルガモが一番多い。
d0230507_6582762.jpg

別な場所ではマガモのペアが眠りこけている。。
d0230507_6593311.jpg

近くでは泳ぐペアもいる。
d0230507_703549.jpg

小春日和のゆったりした一日に満足して家に帰った。
[PR]

# by minnamiya | 2016-11-28 07:04 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)  

秋の野鳥 2

今朝こちらは初霜が下りた。
昨年の初霜は12月18日だったからかなり早い。
しかし、昔は11月初旬にはもう霜が降りていたような気がする。
近頃は霜も珍しくなってしまった。
霜の降りた日は概して天気が良いものだが、今日もそうだった。
やっぱりこんな日は鳥見に限る。
万之瀬川河口にいるはずのクロツラヘラサギが見えないので、田布施の田んぼへ向かう。
電線に何か止まっている。
カワラヒワだ。
d0230507_15112981.jpg

田んぼにはツグミが。今年も寒さを避けてやって来てくれた。
d0230507_15124275.jpg

d0230507_15125920.jpg

ハクセキレイもかなりたくさん渡って来ている。
d0230507_1514589.jpg

d0230507_15142421.jpg

ふと見るとジョウビタキの雄が。
d0230507_1515781.jpg

雌は別の場所にいる。フェンス越しに撮ったので少しぼやけている。
d0230507_15162279.jpg

今日はここまで。
次回は私が初めて撮った鳥の生態の画像を紹介する。
[PR]

# by minnamiya | 2016-11-25 15:20 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)  

秋の野鳥

今日は久しぶりに朝から晴れていたので、鳥見に出かけた。
万之瀬川河口にいつもいるクロツラヘラサギがいない。
昼は見ることができなかったが、夕方ウォーキングをしているときサンセットブリッジを歩いていたら、2つの群れを見られた。併せて17羽ぐらいはいた。
田布施では小型のハヤブサ、チョウゲンボウが電柱に止まっていた。
d0230507_1922202.jpg

ほかにいないので大浦干拓へ。
特に目新しいのがいないので帰ろうとしていると、鶴の親子が来ていた。
マナヅルだ。頭が薄い茶色をしているのは幼鳥。
d0230507_19253629.jpg

4羽一緒に撮れた。
d0230507_19262164.jpg

何かに驚いて飛び立った。
d0230507_19285695.jpg

我が国の鶴の最大の越冬地出水では、高病原性の鳥インフルエンザに罹った鶴が発見されている。
これ以上広がらないことを願うばかりである。
[PR]

# by minnamiya | 2016-11-22 19:34 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)  

中山先生の、喜寿祝い

 11月12日、あの有名な加世田の、居酒屋、吉祥で3年5組担任、美術担当、水泳部顧問として、我々を、優しく指導してくれた、中山忠順先生の喜寿の、お祝いが行われました。
先生は、今でも絵を描いたり、ボランティア活動に参加と、忙しい日々を過ごしておられます。
当日は、全国から、暇な、教え子たち20数名が、馳せ参じました。
吉祥の女将、あけみちゃんの美味しい料理を、つつきながら昔話に、はなしがはずみます。
我々は、段々と上機嫌となり、酔いがまわり、ふーらふーらです。
宴もたけなわ、私が先生に、なんでそんなに元気何ですか?長寿の、秘訣を問うと、先生曰く。
お酒を飲む事、これにつきるそうです。ほんまかいな・・・・・
皆さん参考にしてください。
酔っぱらった私達は、隣の同級生の経営する、カラオケスナックへ、そこでは飲めや、歌えやのどんちゃん騒ぎ、盛り上がる、盛り上がる。お客も一緒に踊りまくり、なんと同級生の妹さんも、輪の中にいた。皆友達、皆友達、そろそろ帰らないと、かあちゃんに怒られるど・・・・・
教え子たちは、みんなグロッキー、1人で帰れない、歩けない。
先生は、すくっと立ち上がり、皆さん、また逢いましょう、と風の様に、去って行かれました。
恐るべき77歳でした。
d0230507_1523830.jpg
d0230507_15484628.jpg
d0230507_15524415.jpg
d0230507_17592510.jpg
d0230507_1805322.jpg
d0230507_1831742.jpg
d0230507_186724.jpg
d0230507_1892194.jpg
d0230507_23393965.jpg

[PR]

# by minnamiya | 2016-11-20 13:01 | 同窓だより(京都) | Trackback | Comments(0)  

南さつまの秋の野鳥

全く久しぶりです。
先日中山先生の喜寿のお祝いの席で「野鳥の写真を楽しみにしていたのにこの頃なくて残念だ。」との声に押され再開することにしました。
もう冬間近だというのに暖かくてパッとしない天気が続いていますが、鳥見にはそこそこ行っています。
一昨日万之瀬川河口に行ったら、冬の使者クロツラヘラサギが増えていました。その数15。
d0230507_7501777.jpg

少し逆光気味だったので川の上から撮った。
d0230507_751365.jpg

今年最大の数を確認して大満足になったところで、大浦干拓へ。
コチドリがいる。少しぼけてしまった。
d0230507_7541813.jpg

田んぼには冬に訪れるタヒバリが。
d0230507_7554354.jpg

電線では海のタカのミサゴが休んでいる。
d0230507_756455.jpg

これもちょっとぼけたがモズ。
d0230507_7573629.jpg

ふと目をやると変なものが。
d0230507_7585659.jpg

アオサギだ。ふつうはこんな姿。
d0230507_801710.jpg

これまでにそこそこいい写真が撮れたのでまた投稿します。
[PR]

# by minnamiya | 2016-11-19 08:05 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)