タカの飛翔

今年もいろいろな所に鳥を探しに行った。
秋になると、タカたちの渡りが始まる。
いつもは金峰山にアカハラダカやサシバの渡りを見に行くのだが、今年は違う場所にもいろいろ行ってみた。
蔵多山(枕崎と加世田の境にある)、長屋山、大浦の亀ヶ丘,川辺の土喰(つちくれ)の丘。
この中で一番眺望がいいのは、土喰なのだが、何せ登る道が狭く地元のお茶づくり農家の方の車と遭遇でもしたら離合するところがないので大変だ。
その点、亀ヶ丘は道路が広いので心配がない。
でも、あまり鳥の渡りは期待できない。
それでもいい写真を撮れた。
チゴハヤブサ。お腹が赤いのが特徴。
俊敏に羽ばたく。
d0230507_1675080.jpg

ハチクマ。その名の通り八チを餌にする。スズメバチだって怖くない。
d0230507_1691978.jpg

しばらくすると2羽が頭の上で舞ってくれた。
d0230507_16153967.jpg

来年はまた別な自分だけのポイントを探してみようと思う。
[PR]

# by minnamiya | 2016-12-25 16:19 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)  

南さつま 冬の鳥

ふるさと便づくりが一段落したし天気も良かったので、鳥見に出かけた。
いつものフィールドである万之瀬川河口にクロツラヘラサギを見に行くが全くいない。
そこで今度は田布施の田んぼに行ってみた。
遠くの電線にいっぱい群れがいる。カワラヒワだ。
d0230507_1924176.jpg

ちかくの畔にはヒバリ。
d0230507_19245229.jpg

しばらく進むと別のヒバリが。
d0230507_19253328.jpg

同じヒバリでも羽の色が異なる。
幼鳥か成鳥かの違いだろう。
めぼしいのがいないので帰ろうかとしていると、チョウゲンボウが杭の上に止まった。
d0230507_19283279.jpg

背中の画像だけでは面白くないと思っていると、道路を隔てたところに止まる。
d0230507_19302160.jpg

飛び出すのを待っていると運よく飛び出してくれた。
d0230507_19312648.jpg

d0230507_19315551.jpg

d0230507_1932212.jpg

カメラを振って撮ったが、何とか撮れた。
満足して帰っていると、また杭の上に別のタカがいる。
ノスリ。喉が黒いのが特徴だ。
d0230507_1935141.jpg

よく探すとそれなりにいろんな鳥が姿を見せてくれる。
今日は暖かいというより、暑いという日だったが、良か1日でゴワシタ。
[PR]

# by minnamiya | 2016-12-21 19:39 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)  

コミミズク

11月、鳥友からコミミズクが田布施の田んぼに来ているという連絡をもらい、出かけてみた。
コミミズクというのは、小さなフクロウという意味である。
冬鳥として全国各地の海岸や湿った草原に住む。
草原に止まったので車で近づいて撮る。
d0230507_9393622.jpg

しばらくすると飛び出した。
d0230507_940191.jpg

d0230507_9404082.jpg

d0230507_940594.jpg

これは別な飛翔シーン。
d0230507_9501167.jpg

この南薩地方にも、結構いろいろな所から野鳥がやって来ているようである。
[PR]

# by minnamiya | 2016-12-14 09:52 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)  

晩秋の霧島旅行

今日から師走。
今年も残すところわずか1月となってしまった。
こうして年を重ね、年老いていくのだなあ。
足腰が立たなくなる前に、というわけでもないが、みんなみ屋の暇な連中で先月29~30日、晩秋の霧島に出かけた。
絶好の行楽日和で、みんな年甲斐もなく、ルンルン気分である。
せっかくのことだから少し歩こうということで、えびのにある六観音御池に行った。
韓国岳が秋に染まっている。
d0230507_1225425.jpg

駐車場から30分ほどの所にある六観音御池までやってきた。
d0230507_1243411.jpg

d0230507_1245836.jpg

もう少し早ければ見事な紅葉が見られたはずだが、時は移っていた。
遊歩道の北側にある甑岳。夕日を浴びて赤く染まっている。
d0230507_1272680.jpg

韓国岳をバックに集合写真。
d0230507_1295824.jpg

2日目、霧島神話の里公園に行った。
桜島がぼんやり霞んでいる。
d0230507_12213536.jpg

d0230507_12221647.jpg

雲に覆われていた高千穂峰が美しい山容を見せてくれる。
d0230507_1226812.jpg

公園内の赤く染まった樹々。
d0230507_12272429.jpg

d0230507_12275068.jpg


美しい霧島の山々や樹々に元気をもらった。
来週からはふるさと便づくりに頑張るぞー!!
[PR]

# by minnamiya | 2016-12-01 12:31 | ふるさと散歩 | Trackback | Comments(0)  

秋の野鳥 3

前回の記事でお知らせした野鳥の生態で初めて撮った画像を紹介する。
25日に田布施の田んぼから、万之瀬川河口に向かっていた時のこと。
河口近くの堂御木橋(どうみきばし)に車を止めて鳥を探した。
ここは必ずといっていいほど、カワセミを見ることができるお気に入りの場所である。
その日もカワセミを見たのだが、木の陰から陰へと瞬時に飛び回り撮影できない。
いつもなら船やロープに止まってくれるのだが、この日は全く駄目である。
ふと下を見るとカイツブリがいる。
d0230507_646068.jpg

カイツブリは潜水が得意で、よく潜ってはエサを探す。
目の前で何回も潜っては浮く。その様子を写すことができた。
d0230507_6485388.jpg

d0230507_6492688.jpg

飛んだり浮かんだりしている姿はこれまでたくさん撮ってきたが、潜っているところは初めてであった。
満足して河口に行くとクロツラヘラサギがいる。
固まって休んでいるので何羽かわからないが、15は超えているようだ。
d0230507_6534462.jpg

砂の上では、オナガガモがのんびり休んでいる。
右端と左から3番目はカルガモ。
d0230507_6551051.jpg

河口ではこのカルガモが一番多い。
d0230507_6582762.jpg

別な場所ではマガモのペアが眠りこけている。。
d0230507_6593311.jpg

近くでは泳ぐペアもいる。
d0230507_703549.jpg

小春日和のゆったりした一日に満足して家に帰った。
[PR]

# by minnamiya | 2016-11-28 07:04 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)  

秋の野鳥 2

今朝こちらは初霜が下りた。
昨年の初霜は12月18日だったからかなり早い。
しかし、昔は11月初旬にはもう霜が降りていたような気がする。
近頃は霜も珍しくなってしまった。
霜の降りた日は概して天気が良いものだが、今日もそうだった。
やっぱりこんな日は鳥見に限る。
万之瀬川河口にいるはずのクロツラヘラサギが見えないので、田布施の田んぼへ向かう。
電線に何か止まっている。
カワラヒワだ。
d0230507_15112981.jpg

田んぼにはツグミが。今年も寒さを避けてやって来てくれた。
d0230507_15124275.jpg

d0230507_15125920.jpg

ハクセキレイもかなりたくさん渡って来ている。
d0230507_1514589.jpg

d0230507_15142421.jpg

ふと見るとジョウビタキの雄が。
d0230507_1515781.jpg

雌は別の場所にいる。フェンス越しに撮ったので少しぼやけている。
d0230507_15162279.jpg

今日はここまで。
次回は私が初めて撮った鳥の生態の画像を紹介する。
[PR]

# by minnamiya | 2016-11-25 15:20 | ふるさとの野鳥 | Trackback | Comments(0)