ふるさと雑感

けんぼうの夢想話

             夏 雲

大糸線の信濃大町を過ぎしばらく行くと 左手に木崎湖 中綱湖 青木湖 の
仁科三湖といわれる三つの湖がある
一番北にある青木湖を過ぎると 列車は下って行くようになり
二つめに南神城という小さな駅がある
その南神城の民宿で 46年前の7月 竹田神社の六月灯の頃
3日間ほど過ごしたことがあった
これといった目的があって行ったのではなく
学校が夏休みとなり 穂高に登ったあと 
南神城の民宿に 学生時代の友人が逗留しており 彼に誘われるまま 訪ねていった

当時の民宿は 今のペンションのように 洋風の洒落た建物で 個室だったり
料理が売り物であったり というものではなく 
茅葺の農家を小奇麗に改装したごく普通の民家で 寝るのも座敷に雑魚寝で 
都会の子供たちが休みになり 田舎の爺ちゃん婆ちゃんの家に
遊びに行くようなものだった
夏の間は学生むけの学生村 冬の間は若いスキー客の宿となる
することといえば 朝から座敷でゴロゴロしていたり 漫画を見たりと退屈で
それに飽きると辺りを散歩するぐらいであった
南神城の背後には3千m近い山々が聳えており 来る前は 
鹿島槍ヶ岳から 五竜岳 唐松岳 白馬三山に連なる 
日本の第一級の景色が見れるものと期待していたが 
残念ながら南神城からは 裏山の山陰になり見ることができなかった
民宿の辺りは 田んぼ 畑の日本の田舎なら何処でもある景色で
南さつまの田舎育ちの身には さほど珍しくはなかった
もの静かで単調な3日間であったが 
私には信州の民宿にいるという ハイカラなことだけで充分だった
そんななかで民宿のすぐ横を 夕食前に 煙と蒸気を目いっぱいはきながら
長い貨車を引き あえぎあえぎ登って行く蒸気機関車は感動的で
旅心をくすぐる 一日のハイライトといってよかった
私の本棚の隅にある小さなスケッチブックに 南神城の民宿で描いた2枚のスケッチがある マジックペンで輪郭を描いただけの拙いものである
その民宿の縁側から描いた庭の花と 民宿の近くの小高い所から 田んぼを隔て
向こうの山々と夏雲を描いている
民宿で時間をもてあまし 退屈しのぎに描いたものだ

今回は大雪渓から白馬岳に登り 不帰ノ嶮から唐松岳へ
そして八方尾根を下りるという計画であった
前日八ヶ岳の山麓 蓼科にある中学時代の友人の別荘に世話になり
友人夫妻の手料理と ビールにはじまり 酒 ワイン 最後は芋焼酎のお湯割りと
料理 酒 会話 ミュージック 雰囲気 と5拍子も6拍子も揃った 愉しい一晩を過ごした
そして茅野から松本に出て 大糸線に乗った
車窓から安曇野の向こうに 北アルプスの雄大な山並みが望めるのだが 
あいにく雲の中 大町を過ぎるころから小雨も降りだした
梅雨明けの一番いい時期を選んで来たのだが うまくいかないものだ
簗場をすぎると いよいよ南神城である
列車は山間から やや開けた平野部へ 視界も開ける
あの民宿はと 線路添いの家を車窓から目を凝らして見たのだが
記憶にある茅葺の家などどこにもなく 今風のカラフルな家ばかりである
ただ広がる田んぼと向こうの山々は変わらないが
あの日のように夏雲の空を見ることはできなかった 


d0230507_11364415.jpg


d0230507_11371651.jpg


[別荘にて]
d0230507_8382821.jpg

d0230507_839939.jpg


[白馬大雪渓]
d0230507_839469.jpg


[白馬岳山頂]
d0230507_8403368.jpg


[こまくさ]
d0230507_923489.jpg


[不帰ノ嶮]
d0230507_8424897.jpg


[夏雲と八方尾根]
d0230507_843398.jpg

[PR]

# by minnamiya | 2017-08-12 11:47 | ふるさと雑感 | Comments(0)  

昨年の画像から

台風は直撃することなく去って行ってくれた。
台風がすぐ近くに来ているというのに、飲み会を優雅にしている連中の勢いに気圧されたのかもしれない。
8月の今頃になると、そろそろ吹上浜にはシギ・チドリ類が顔を見せるようになる。
昨年9月の画像からいくつか紹介する。
まずはトウネン。
かわいい鳥だ。
昨年はこれに似たヒメハマシギがやって来てくれて、野鳥ファンを大いに喜ばせてくれた。
d0230507_10080568.jpg
















次はおなじみコチドリ君。海岸にもいるが水田でもよく見かける。
d0230507_10083586.jpg
















かゆいのか頭を掻いている。
d0230507_10082388.jpg
















最後は仲良く走るミユビシギ。
指が三つしかないからこの名がついたらしい。
d0230507_10085641.jpg
















しばらくは昨年の画像を紹介したい。

[PR]

# by minnamiya | 2017-08-10 10:23 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

復刻修学旅行

台風が近づいている。
あちこち迷走した挙句、薩摩半島を目指して北上中である。
気象条件が整うのを待っていたかのように、まるで狙い撃ちのごとく、こちらに向かっている。
大した被害が出ないことを願うばかりである。
ところで、もう2か月半前の加世田中学校の長崎への復刻修学旅行&同窓会について、ここ加世田の尾辻君が新聞に投稿したのが掲載された。
その記事といくつかの写真を載せた。
d0230507_13140770.jpg




























d0230507_13133847.jpg














d0230507_13132165.jpg

















d0230507_13130284.jpg

















d0230507_13124151.jpg




























d0230507_13123013.jpg




























d0230507_12593190.jpg
















d0230507_13003163.jpg




























最後は慣れないスマホで撮ったら、指が邪魔して文字が消えている。
今気づいたのだが、尾辻君の記事は一部カットされている。
カットされたのは以下の文。

テンボスで昼食をともにした後、中学の時と同じ長崎の平和公園で記念撮影しました。「楽しかったね」「また会おうね」「元気でね」と声を掛け合い、古希での再会を約束しながら帰路に

つなげて読んでくださればと思う。

[PR]

# by minnamiya | 2017-08-05 13:34 | 同窓だより(加世田) | Comments(0)  

ふるさと雑感

けんぼうの夢想話

六月灯

六月灯の頃になると 空にはムクムクと入道雲が浮かび
蝉も朝早くからわが夏を謳っているのだが 今年は少し遅いようだ
今年も六月灯がやってきた チリンチリンとアイスキャンディ売りはいなくなったが
からくり人形は疏水の上にいつものように くるりくるりと回っている
今年は 日新公の別府城攻め戦勝報告 の場面であった 
例年と比べると人形が多く賑やかである
今から約500年前に 南さつまの地で行われた戦いの一場面である
その後日新公は島津中興の祖として 神として祀られ 今でも祭りに登場するが 
負けた者達はどうしたのであろうか 
しばらくは夏空の下 くるりくるりと回る無表情の人形たちを見ていたが 
もう一つ気になることがあり 境内の方へ行くことにした

階段を上り境内の方へ行くと 大きな楠の下に人だかりができている
もしやと思い近づいていくと 
… 四谷 赤坂 麹町 チャラチャラ流れる御茶ノ水 粋な姐ちゃん……
おっ あの人の声が 久しぶりに来ているようだ
人垣の間から覗いてみると いつものように白いダボシャツに腹巻
タオルで鉢巻をしたあの人が 足元の大きなボストンバッグの上に
印籠のようなものを山積みにしている

… 国のはじまりが大和なら 日本の発祥の地は ここ舞敷野の御座屋敷
泥棒のはじまりが石川五右衛門なら いろは歌のはじまりがここの
日新公のいろは歌
今日はその日新公の 一年に一回の六月灯ときた
そのいろは歌で 御幼少のころから育っている皆様だ
へたなものを持ってくるわけにはいかない
大江戸八百八町とよくいうけど 今の東京そんなもんじゃない
その広い東京を駆け回って やっとあの秋葉原でみつけてきたのが
これ これ とスマホぐらいの印籠を腹巻から取り出し みんなの前に差し出した
この印籠 ただの印籠ではない あの助さん格さんの印籠とはものが違う
何が違うかといえば ほらこの頃 人よりもすごいと話題になっている AU 
いや AKB…         ……誰かがAIというと
そうそう そのAI アメリカのレッドリバーなんとかにある AIで世界一のデコポン社と あんまり大きい声ではいえないが 東京の永田町にある あるエライとこがつくった ソンタクホーンというものだ
ソンタクホーン?
そう そう このソンタクホーン 中にソウリノオオキミというAIが入っており
願い事をきいてくれるという便利なものときた
印籠の前をスマホのように指で押すと パァッと明るい画面になり
その画面の中に 両手で耳を塞いだ猿 いや人の像が現れた
よく見ると どこかの国の総理大臣に似ているようだ 
しばらくすると目がピカッと光った
ほら 目が光っただろう 
このように このソンタクホーンをかざせば 周囲のものが気遣いをし
何もいわなくても たちまち願い事がかなう便利なものだ
たとえば9億円の土地が1億円になったり 学校があっというまにできる 
という優れものときた
今年の春オープンした 東京の銀座セブンというシャレタところでは 
八千円を下らないところを 今日は一年に一度の竹田神社の六月灯だ
あの浅草のスカイツリーから飛び降りたつもりで 
えぃ たったの千円でどうだ
そこで何人か 駆け寄っていこうとしたが
ちょっと待ったお客さん 慌ててはいけない と手で制しながら
ここからが大事なとこだ よ~く聞いてよお客さん
このソンタクホーンを使えば 誰でも願い事がかなうと思ったら大間違い
あの天下の大泥棒石川五右衛門や 映画のフーテンの寅みたいな人間が
これを使ってもだめ ぜんぜんいうことをきいてはくれない
このソウリノオオキミや 枯れ木に花を咲かす花咲爺さんの話 しっているだろう 
あの正直者の爺さんのように 嘘をついたことのない正直者でなければ 
中のソウリノオオキミが いうことをきかないということだ 
それでも良ければもっていけ というと
あちこちから 俺も私もと 手に千円札を持ったお客が駆け寄り
たちまちバーゲン会場のような大騒動となった
十数分ほどすると ボストンバッグの上にあれほど積んであった 
印籠があっという間になくなった

この騒動がおさまると すっかり疲れたという表情で
さすが日新公のお膝元だ 恐れ入りやした… 
そして気を取り直したかのように
此処にくるたびに いろは歌を御前様に習ってくるが 今回御前様が教えてくれたのは む の歌だ

昔より 道ならずして おごる身の 天のせめにし あわざるはなし

御前様によれば 人間いつも謙虚であれ 驕るとかならず罰があたる ということだ
学のない俺でもわかるよ… 

取り囲んでいた人が次第にいなくなると
ボストンバッグを片付け 手に持ち よれよれの上着を肩にかけ 
じやぁ またな あばよ とこっちの方へやってきた
私を見ると おっ 兄ちゃんではないか 久しぶりだなぁ
相変わらずオツムと懐の方はさびしそうだが 元気そうだ よかった よかった 
あっ そうか兄ちゃんもソンタクホーンが欲しかったのか
だめ だめ 今日は飛ぶように売れちゃって もうひとつもないよ 次にしな
これも日新公のおかげかな ほ~らと 千円札で分厚く膨れた財布を見せながら
どうだい 俺が奢るから 文化通りの吉祥で一杯やらないか


[からくり人形 日新公別府城攻め戦勝報告の場面]
d0230507_15274612.jpg


d0230507_15283691.jpg

[PR]

# by minnamiya | 2017-08-02 15:33 | ふるさと雑感 | Comments(0)  

ふるさと雑感

けんぼうの夢想話

夏の夜の夢

その晩は蒸し暑く 寝苦しかったが 窓から夜風を入れ 
ローランドハナを聴いているうちに いつのまにか寝てしまった 
そして夜中に雨の音で目が覚めた
おっ 雨か 庭の花木に水をやる手間が省けたと喜んでいたら
遠くでゴロゴロと音がする そのうちに稲光がしだした
だんだんと音が大きくなり 稲光もひっきりなしに
私の部屋は内障子なので 稲光がもろに入ってくる
おまけに雨も強くなり 窓も障子も閉めた
そこからが真夜中の恐怖の雷ショーのはじまりだった
障子がピカッと光り しばらくしてドーンと音がする
ベッドでこっちに 来るな来るな と念じていたが
非情にもやってくる そして真上で音がしだした
こうなれば布団を頭から被って クワバラクワバラ と天に祈り
通り過ぎるのを待つしかない
しかし夏は被るほどの布団がないので ベッドにうつ伏せにはなるが 
それでも強烈な光は目に飛び込んでくる
音は遠慮会釈なしに 地響きをともない天から降ってくる
わが南さつまの吹上浜砂の祭典に 音と光のファンタジーという 
その日の最後を締めくくる 打ち上げ花火と音楽の迫力のあるショーがある
これは一見に値するファンタジーだが 目の前で行われる雷のショーは 
天地創造をおもわせる ド迫力満点の凄まじいものである 
クライマックスはピカッと光り 間髪を入れずバリバリと天地を震わせ
ダァーンと けたたましい音が
こうなればもうお手上げ ベッドでブルブルと身を縮こませ おお神様 である
そのあといつもなら遠ざかっていくのだが その晩はまた反対側からゴロゴロと
2回ほど繰り返したのだ
天はなにに怒っているのだろうか
2時間ほどのショーの間一睡もできず ただベッドの上で縮こまり 
じーっと通り過ぎるのを待っていた
やっとショーが終ると その疲れからかぐっすりと寝入ってしまった
普段はラジオ体操の時間には起きているのだが 寝過ごしてしまい
起きてみたらすでに朝ドラが始まっていた
窓から外を見ると 夕べの雷はどこえやら 青空に入道雲の夏空が広がっている
もう明日から夏休みだ
それにしても 例年はとっくに鳴いている我が家の蝉が まだ静まり返っている
どうしたのだろうか 天が鎮まるのを待っているのだろうか

地震 雷 火事 親父 とはよくいったもので
その雷より怖い地震が10日ほど前にあった この地では滅多にない震度4という 
地の底から突き上げてくる揺れで 
1~2分のことだったが ただ立ち尽くしているばかりであった
昨年の熊本の地震といい この国では天災に対する安全神話など無いといっていい
朝飯を終え 新聞を見ると我が国の政治のことをトップに アメリカの大統領の問題
北朝鮮の弾道ミサイル 福島の原発の廃炉のこと 海のプラスチック汚染のこと
そして地球温暖化の影響と思われる 九州北部の豪雨のことで紙面が溢れていた
どうやら夕べの雷は 驕るな との天の戒めだったようだ


d0230507_9534434.jpg



 
[PR]

# by minnamiya | 2017-07-23 09:28 | ふるさと雑感 | Comments(0)  

第99回全国高校野球選手権鹿児島大会

6日前になるが、第99回全国高校野球選手権鹿児島大会4回戦、加世田高校対神村学園戦を県立鴨池球場まで見に行った。
連れて行ってくれたのは、加世田高校の同窓会会長のY君。
鹿児島市に住む野球大好きのH君も一緒に観戦した。
対戦相手の神村学園は、春の公式戦以来負けなしの強豪校。
今大会の第1シード校である。
コールド負けも十分に予想された。
2回表まで0対0で終わる。d0230507_13103899.jpg















3回加世田の4番江口選手がヒットを打ち、その後2塁まで進むも無得点。
d0230507_13102546.jpg
















d0230507_13101442.jpg
















神村学園は、3回裏1死満塁から3番の田中選手の走者一掃の2塁打などで4点を入れる。
加世田も4回表にヒットや盗塁などでチャンスをつかみ、1点返す。
d0230507_13095921.jpg
















球場外に目をやると、車を止めに行っていたY君がやって来るところだ。
d0230507_13094662.jpg
















7番の斧選手のヒットなどで1点を追加。
d0230507_13090949.jpg
















6回表を終わって2対5と大健闘。

d0230507_14225394.jpg
















しかし、相手は攻撃の手を緩めることなくゲームセット。
d0230507_13080815.jpg
















d0230507_13074837.jpg
















勝って校歌を歌う神村の選手たち。
d0230507_13071877.jpg
















保護者席に応援のお礼をする加世田高校の諸君。
d0230507_13070460.jpg
















いやあ、県ナンバーワンの強豪相手によくキバッタ!
翌日の新聞には「加世田 強豪の壁厚く」と書かれていたが、ノーエラーで8本もヒットを打って大健闘であった。
高校生諸君に力をもらって帰路に着くことであった。
神村学園は決勝戦に駒を進め、鹿児島高校と本日戦う予定であったが、雨天順延となり明日決勝戦が行われることになっている。

[PR]

# by minnamiya | 2017-07-19 14:38 | Comments(0)