ふるさとの野鳥

鹿児島は梅雨真っ盛りです。昨日は好天でしたが、今日からの1週間は傘マークがずらり並んでいます。
それぞれの地域はどんなお天気でしょうか。
梅雨にちなんで、今回はシギを紹介します。シギは漢字では鴫と書きます。田んぼにいる鳥、つまり水のあるところで生活する鳥です。私はシギについてもあまり詳しくわからないことがあるのですが、ここ最近撮った写真をいくつか紹介します。

まずはセイタカシギです。足が長く1度見たらまず忘れられません。
d0230507_10594236.jpg


次はタシギです。くちばしが長いのが特徴です。金網越しに撮ったのでかすんでいます。
d0230507_14482658.jpg



これはタカブシギです。あまり水辺にはいない鳥です。
d0230507_1153430.jpg


これはソリハシシギです。くちばしが上にそり曲がっています。
d0230507_1171439.jpg


上から順にキアシシギ、チュウシャクシギです。
d0230507_1195881.jpg

d0230507_11102020.jpg

チュウシャクシギは新川河口には、4月から5月にかけて群れでやってくるようです。

これはイソシギです。そういえば昔「いそしぎ」という名前の映画がありましたね。主人公が傷ついたこのイソシギを手当てして逃がす場面が出てくるそうです。川や河口に多い鳥です。
d0230507_14321881.jpg

[PR]

by minnamiya | 2012-06-15 11:13 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

<< ふるさと雑感 ふるさとはなれて >>