ふるさと雑感

けんぼうの夢想話    新年会

みんなみ屋の新年会でのことである 
その日は夕方までいそがしく 遅刻だとおもい あわてて出かけていった
会場の居酒屋にいくと まだ誰もきていない
時間を間違えたかなと思い 確かめると 30分早かったらしい
そのうち皆も来るだろうと ビールをたのみ ひとりで飲みだした
しかしなかなか来ない もう一杯お代わり…… そして焼酎も
やっと三々五々集まり 全員集合 そして乾杯
その時にはすっかりいい気持ちになっていた

その日の みんなみ屋のお嬢さんたち
餅つきの時のモンペ姿とはちがい うって変わってめかしこんでいる
会場も薄暗く雰囲気のある部屋で いつもとはちがう
おまけにメガネを忘れてしまい ベッピンさんにみえた
となりのテーブルの せがらしか姉さんも
正月にパーマ屋さんにいったらしく きまっている
隣のアンコ入れの先生に
「今晩な せがらしか姉さんが わっぜ きれかじゃねぇけ」というと
「ちったぁ 酔くろちょっとじゃなか?」
「じゃろかい?」
「そげんいえば 酔くろたとか 胸がドキドキしてきたがよ」
しばらくして アンコ入れの先生が
「兄さん ひょとしたら 姉さんに恋しちょとじゃなかかよ」
「こい……」
それを前で聞いていた新聞通の 火焚きの神様が
「今朝ん 新聞に面白か 川柳が載っちょたど」
「川柳?」

恋かなと 思っていたら 不整脈

それを聞いたとたんに 心臓がパクパクと音をたて鳴りだした

d0230507_1283114.jpg

[PR]

by minnamiya | 2013-01-16 11:42 | ふるさと雑感 | Comments(1)  

Commented by その恋は本物 at 2013-01-18 10:05 x
人間若い時だけが本当の恋ち一般的にみんな思う。でもちごど!! 歳とってこそ今まで見えなかった本当の美が分かる
 やっと身近にいる御嬢達の美しさがわかったかい!この鈍感
おっさん達 まだちっとは綺麗ち感じたあんたはよか男ごわんど
年齢を重ねると自分なりに感じる美しさに驚くことがある、。それは
何故?せがらしかち感じるのは歳をとってる証拠。街のキャリアウーマン達はみんなやぜろしか!田舎のキャリアウーマンできる女にきづきなさい!土と紙を扱っているかの違いじゃっ!!

<< ふるさとの野鳥 ふるさとの山 >>