悪石島の野鳥 2

4月14日(木)、島の東にある牧場に車で行った。
そこで、我が国における記録としては、沖縄で3回新潟で1回しか観察されていない鳥を観察・撮影できた。
その名は、クロノビタキ。
イラン東部からインド、東南アジア、ニューギニアなどに分布していて、めったに日本には来ない。
遠くの有刺鉄線の上に何かいる。
d0230507_14512826.jpg

ノビタキかと思ったが、どうもお腹まで黒い。車で少しずつ近寄る。
遠く離れてはいても油断なくこちらの様子をうかがっている。
d0230507_1453997.jpg

d0230507_14534097.jpg

小さいが、割とはっきりした画像が取れたので拡大して見る。
ノビタキではない。これまで見たことのない鳥。写真図鑑で調べる。
クロノビタキ!! まさか?
しかし、これしか該当しない。
さらに接近して大きな画像を撮ろう。
d0230507_1458320.jpg

もう一度図鑑と照合する。これだけはっきりすればもう間違いない。
ひとりでに顔がほころびやったーと叫びたくなる。
ふと窓の外に目をやると、なんとすぐ近くの有刺鉄線に来ているではないか。
d0230507_151513.jpg

手が震えるのをこらえて夢中で撮った。
d0230507_1515585.jpg

d0230507_1552098.jpg

観察できたのはわずか23分ほどであったがこれだけはっきりした画像を撮れたので大満足。
その後どこかへ行ってしまい見えなくなった。
次の日にも行ってみたが、もういなかった。
以前キガシラシトドという珍鳥を撮ったが、それ以上に珍しい鳥との出会いに興奮した。
その日別な場所で見た野鳥たち。
ノゴマ。喉の色がきれい。
d0230507_1512477.jpg

ノビタキの雌。
d0230507_15123819.jpg

絶滅危惧種に近い存在のミゾゴイ。
d0230507_15135615.jpg

海岸にやってきたメダイチドリ(奥)とシロチドリ(手前)
d0230507_15151019.jpg


その夜、熊本では大きな揺れの前震があったそうだが、遠く離れたトカラでは揺れなかった。
加世田も揺れたらしい。
[PR]

by minnamiya | 2016-05-21 15:23 | ふるさとの野鳥 | Comments(2)  

Commented at 2016-05-22 21:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minnamiya at 2016-05-23 08:49
土方様
コメントありがとうございます。こちらの南日本新聞には5月4日付で掲載されました。かなりの珍鳥ですのでもう少し早く載せてほしかったと思っています。
もう2度とこんな珍鳥に出会えないかもしれませんが、それでもやはり通ってみたいと思っています。
また来年も行きますのでお話ししましょう。ありがとうございました。

<< 悪石島の野鳥 3 悪石島の野鳥 >>