野間池の桜と鳥

6日ぶりに野間池に鳥見に行く。
例年だと3月中旬ごろには、山々が桜でほんのり白くなっているものだが、今年は3月末になっても全くそれがない。
新聞等によれば、気象台が統計を1953年にとり始めてから、開花が最も今年が遅いそうである。
これまでの最も遅い記録は4月3日であるが、今日はもう4日。
開花宣言ができるか微妙なところである。
野間池の山はどうか・・・・・・
白く色づき始めている!
真ん中の山は野間岳。


d0230507_07211881.jpg

d0230507_07205266.jpg

d0230507_07301368.jpg
いつもの所を見ていたら、鳥友からオジロトウネンがいるとの連絡が入り慌てて引返す。
4、5mの距離でもこちらを意識せず、さかんに餌をとっている。

d0230507_07305845.jpg

虫を咥えた。

d0230507_07311181.jpg
近くにはいつものホオジロハクセキレイがいる。
どちらかというと、普通のハクセキレイよりこちらが多い。


d0230507_08003190.jpg
これ以外にもアカハラを見たのだが、遠すぎて撮らなかった。
やっと桜の季節になったことを実感して帰る。






[PR]

by minnamiya | 2017-04-04 08:08 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

<< 続 野間池の野鳥 春告げ鳥 >>