悪石島の野鳥 4

話は前後するが、滞在2日目の3時過ぎ、島の友人から「タカが渡って来て降りてきている」との連絡をもらい、島の最高峰御岳が真正面に見える花田まで車を運転していった。
すると、次々に南西方向から御岳に向かってタカが飛んでくるのが確認できた。
サシバだ。
サシバの秋の渡りは全国的にみられるが、春の渡りははっきりしていない。
しかし、以前悪石島に住んでいたころ、春の渡りを毎年目にしていた。
3月下旬から4月上旬にかけて渡っているのは間違いない。
3時半からの1時間で約300羽を数えた。
d0230507_09383265.jpg
















d0230507_09384404.jpg
















次の朝早く、島に降りたであろうタカの北上する姿を撮影したいと島の北側にある大峰牧場へと車を走らせた。
しかし、サシバは見えなかった。
かわりに日の出を撮影した。d0230507_09381291.jpg















d0230507_09375241.jpg
















d0230507_09373667.jpg















日の出を撮ったのは初めてで、カメラの設定に時間を費やしていたら日はすでに水平線から出ていた。
諏訪之瀬島、中之島の向こうに遠く屋久島が霞んで見えた。
d0230507_09371804.jpg















3日目に見た鳥たち
ミゾゴイ。絶滅危惧種だが、毎年島では4~5羽見かける。
d0230507_09390281.jpg















クロツグミ。白と黒のツートンカラーだが美しい。
d0230507_09365649.jpg
















温泉場近くの池にいたコサギとセイタカシギ。
d0230507_09363193.jpg
















d0230507_09355771.jpg
















海岸ではツバメが羽を休めていた。
d0230507_09350577.jpg
















3日目の画像はここまで。

[PR]

by minnamiya | 2017-04-30 10:11 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

<< 悪石島の野鳥 5 悪石島の野鳥 3 >>