サシバの渡り

10月8日(日)は、二十四節気の一つ寒露であった。
鹿児島には古くから、寒露のころにサシバが渡って来るという言い伝えがある。
この日午前8時から、金峰山の駐車場の所でサシバを見る探鳥会が開かれ、係として参加した。
天候は晴れ、おまけに寒露ということもありサシバの大きな群れが見られることが期待された。
しかし、30分経っても、1時間経っても、サシバを姿を見せない。
おまけに雲も出だして、駐車場付近は少し暗くなってきた。
今日はダメかなーとあきらめかけた9時15分過ぎ、雲が消えまた明るくなり始めた。
その時、西側の方に遠くではあるが少しずつサシバが舞い始めた。
東側を見ていた人からも、「こっちにも群れが出たー。」との大きな声。
西側に現れた群れは、そのまま南下せず、北側に回り込み、東の方で大きな輪を描く。
次から次へ大小の群れが過ぎていく。
結局この日は10時15分までに311羽をカウントしたが、実際には閉会の時にも飛んできて、優に400羽を超える数が出たと思われる。
参加者の方々は、皆満足・感動して帰路に着いたことだろう。
秋晴れの下、素晴らしい時を過ごすことができたことに感謝したい。
サシバ成鳥
d0230507_10071741.jpg
















サシバ幼鳥
d0230507_10070217.jpg
















サシバ飛翔2つ
d0230507_10055796.jpg
















d0230507_10050520.jpg
















中には他のタカも混じっている。
アカハラダカ成鳥
d0230507_10063208.jpg
















ハチクマ
でかい!
d0230507_10054463.jpg
サシバの舞い
この画像には27羽が写っている
d0230507_10042958.jpg
















まだまだサシバの渡りは続く。
渡っていくコースは少しは分かっているが、わかっていないことも多い。
是非この秋晴れの空を見上げて、渡っていくサシバを見つけてほしい。










[PR]

by minnamiya | 2017-10-11 10:35 | Comments(0)  

<< 第三十回 43卒おうち会同窓会... 田んぼの鳥 >>