猛禽類

タカやワシの仲間を猛禽(もうきん)類と呼ぶ。
すぐ身近にいるトビもその仲間である。
9月にはアカハラダカ、10月にはサシバを見るために金峰山に行ったが、それ以外の猛禽類も何種類か見た。
まずは9月のアカハラダカ。
黒いアカハラダカもいる。
d0230507_14040551.jpg
















9月8日には大きなタカが。鳥友によれば、おそらくクマタカとのこと。
だとすれば自分は初めて撮影したことになる。
d0230507_13583234.jpg














9月28日、金峰の田んぼでミサゴが田んぼでエサを食べていた。
するとそこにトビが襲いかかりミサゴは逃げた。
d0230507_13540884.jpg
















d0230507_13535820.jpg
















9月30日、大浦干拓の電柱にチョウゲンボウがいた。
d0230507_13513870.jpg
















チョウゲンボウを撮ったつもりが、後で見たらミサゴが魚を足でつかまえている画像。
d0230507_13474734.jpg
















10月12日、金峰山を通過するハチクマ。
d0230507_13430880.jpg
















最後はやっぱりサシバ。d0230507_14021989.jpg














この秋から冬にかけどんな猛禽類と出会えるかな。

[PR]

by minnamiya | 2017-10-19 14:26 | Comments(0)  

<< ふるさと雑感 サシバの渡り 2 >>