第96回全国高校サッカー選手権鹿児島大会

先週、高校サッカー大会が、ここ南さつま市桷志田(かくいだ)人工芝サッカー場などで開かれたので見に行った。
我が加世田高校は、1回戦で鹿児島高専に勝ったものの、2回戦で樟南に4:0で負けてしまった。
10日には準々決勝があり、地元の鳳凰高校などが出た。
その鳳凰高校には、1年間同じ釜の飯を食った〔ちょっと下品な表現)子が活躍しているので、カメラを持って見に行った。
鳳凰と鹿児島の対戦
d0230507_09241297.jpg
















その子の放ったフリーキックが見事決まり鳳凰は1:1と追いつく。
d0230507_09240103.jpg
















しかし、鳳凰は、終了間際1点を入れられ負けた。
別のコートでは、鹿児島実業が鹿児島工業と対戦した。
d0230507_09234234.jpg
















ナイスセーブを見せる工業のキーパー
d0230507_09231499.jpg
















このPKは決まらなかったが、こぼれ球を押し込んで得点になる。
d0230507_09225664.jpg
















結局この試合は、鹿実が3:0で、鹿児島工業を破り準決勝に進んだ。
準決勝戦は、11日(土)県立鴨池陸上競技場であり見に行った。
初めて陸上競技場に行ったが、2020年に開かれる国体に備えて改修中であった。
d0230507_09221353.jpg

















鹿実対城西
d0230507_09222558.jpg

















準決勝戦は、いずれもPK戦にもつれ込む熱戦だったが、神村と城西が決勝へと駒を進めた。
神村VS鹿児島 1:1   PK戦 神村5:鹿児島4
鹿実VS城西  1:1   PK戦 城西3:鹿実2

今年8月に亡くなった元鹿実監督の松澤隆司さんは、どんな思いでこの試合を見つめていたのであろうか。
名門鹿実は、ここ10年間全国大会に出ていない。
鹿実が強くならないと鹿児島のサッカー界は盛り上がらない。

決勝戦はこれもPK戦までもつれ込み、神村が4年ぶりに全国大会出場を決めた。

[PR]

by minnamiya | 2017-11-15 10:24 | Comments(0)  

<< 上ノ山の柿 水鏡のセイタカシギ >>