上ノ山の柿

10月下旬、クロツラヘラサギがねぐらにしているところを通りかかったら、
見事な柿が目に飛び込んできた。
d0230507_13183653.jpg
















近くまで行って撮る。
d0230507_13181359.jpg
















後日、柿の木のある家に行って、お願いして撮らせてもらった。
1週間前にちぎったということで少なくなっていたが、それでもやはり見事だった。
d0230507_13175292.jpg
















帰る途中の家の柿もきれいだった。
d0230507_13171865.jpg
















今年は柿の当たり年で、どこの柿の木もたわわに実っていた。
しかし、ちぎられずに落ちるのを待つだけの柿も多い。
贅沢になってちぎってまで食べないのか、ちぎる人がいないのかよく分からないが、柿を見ていて田舎は人が少なくなっていることを実感する。

[PR]

by minnamiya | 2017-11-17 13:45 | ふるさとだより | Comments(0)  

<< 鹿児島の野鳥写真展 第96回全国高校サッカー選手権... >>