やっと撮れた

今日は、昨日までの厳しい寒さが嘘のようにどこかへ消え去り、穏やかな冬の一日だった。
おまけにお日様は夕方までずっとにこにこしてくれていた。
でも、風はやっぱり冷たかった。
家の近くの万ノ瀬川では、ヨシガモがのんびりたたずんだり泳いだりしていた。
d0230507_18272295.jpg
















d0230507_18271308.jpg
















阿多の川ではキジバトが水浴びをしていた。
d0230507_18250691.jpg
















田布施の田圃へ行ったらマミジロタヒバリが出迎えてくれた。
d0230507_18243263.jpg
















堤防を進んでいたらホオアカが小さな群れでいた。
ホオアカは、大浦や益山の田圃で何回も見ていたのだが、シャッターチャンスに恵まれなかった。
車の目の前に現れたのは逃げることなく、撮らせてくれた。
これは雌だが、できたら両方撮りたかった。
次を待つことにしよう。
名前の通り頬が赤い。
d0230507_18245585.jpg
















家に帰ってみたら、山妻がフキノトウを採ってきていた。
春は近い!!

[PR]

by minnamiya | 2018-01-27 18:44 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

<< トラツグミ 暖かな日差しの下で >>