万之瀬川河口 中之島の鳥たち

8日、双子池付近で鳥見をした後、万之瀬川の河口へ行った。
途中、新しく築かれた堤防の南斜面に、クロツラヘラサギがいないか覗いたがこの日はいなかった。
対岸の石を積み重ねたあたりに白い塊が見える。おそらくクロツラヘラサギだろう。
先日鳥友から、中之島の松の木にキクイタダキがいることを教えてもらっていた。
そこで、キクイタダキもカメラに収めようと思い、キャノン400ミリF2.8のレンズをEOS 7DMarkⅡにつけ三脚なしで撮影に向かった。
中之島に向かう途中、サンセットブリッジの下には、オナガガモのペアが泳いでいた。
d0230507_11110620.jpg
















クロツラヘラサギは、2羽と15羽の二つに分かれてたたずんでいた。
d0230507_11115077.jpg
















d0230507_11500984.jpg
















キクイタダキを探すが見つからない。
そのうち、目の前にメジロが現れてくれて思う存分撮らせてもらった。
そのうちの1枚。
d0230507_11102907.jpg
















前述したように、手持ちで撮ったので、ピンボケや被写体ボケ(メジロがせわしなく動くので)の写真が多かったが、何枚かはいいのが撮れた。
メジロ君のアクロバット的な画像はこの次に。

[PR]

by minnamiya | 2018-02-11 11:45 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

<< メジロの曲芸 久しぶりに鳥見 >>