カテゴリ:ふるさとの野鳥( 69 )

 

2017 5月 悪石島の野鳥 1

明日加世田中学校昭和40年卒の復刻修学旅行&同窓会が長崎で開かれる。
早朝加世田を発つため、4時過ぎには起きるつもりだ。
70名ほどが参加するというので今からワクワクしている。
その前に、とりあえず今回5月の悪石島で撮った写真を1回は載せたいと思いアップしている。
5月9日島について最初に撮ったのは、普通は干潟にいるチュウシャクシギ。
島に4日は留まっていた。
d0230507_08533155.jpg















校庭に2羽いたムナグロ。
胸がこの時期真っ黒になっているがこの画像でははっきりしない。
d0230507_08531951.jpg
















伊豆諸島とトカラ列島にのみ生息するアカコッコ。
雄はこのように頭が黒い。
d0230507_08530149.jpg
















d0230507_08524509.jpg
















比較的珍しいアカモズ。額が白いのが特徴。
3日間滞在していた。
d0230507_08522727.jpg
















夏鳥としてやって来るエゾビタキ。今回は1羽見たのみ。
d0230507_08520824.jpg
















いつも訪れてくれる律儀なムネアカタヒバリ。今回は1羽だけ観察。
d0230507_08514695.jpg
















初めて撮影できたシベリアツメナガセキレイ。
目の後ろ上がうっすらと白いのが特徴。
ツメナガとあるように、爪が後ろに長く伸びているのがよくわかる。
d0230507_08512653.jpg
















次回は長崎から帰ってから。

それでは行ってきま~す。

[PR]

by minnamiya | 2017-05-19 09:20 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

悪石島の野鳥 5

今回の悪石島行きで撮った野鳥はこの5回で終わり。
滞在4日目に撮った鳥たち。
島の北側の大峰牧場のあちこちにルリビタキがいた。
上は成鳥。下は若鳥。
d0230507_10065351.jpg
















d0230507_08395695.jpg
















東にあるひらが牧場の水溜りで水を飲んでいたクサシギ。
d0230507_08393367.jpg
















港の上を飛んでいたミサゴ。
d0230507_08390848.jpg
















島の西側にある大麦牧場の草むらにはムネアカタヒバリが。
d0230507_08384888.jpg
















島の最高峰、御岳の麓にいたメジロ。
d0230507_08382800.jpg
















最後の最後に撮ったツメナガセキレイの亜種キタツメナガセキレイ。
車の音に気付いて竹の上に止まった。
思う存分撮らせてもらったらいなくなった。
ありがとう!
d0230507_08374987.jpg
















d0230507_08380870.jpg
















4月は今一だったので明後日のフェリーとしまでまた島に行く。
いいのが撮れたら紹介したい。





[PR]

by minnamiya | 2017-05-06 09:41 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

悪石島の野鳥 4

話は前後するが、滞在2日目の3時過ぎ、島の友人から「タカが渡って来て降りてきている」との連絡をもらい、島の最高峰御岳が真正面に見える花田まで車を運転していった。
すると、次々に南西方向から御岳に向かってタカが飛んでくるのが確認できた。
サシバだ。
サシバの秋の渡りは全国的にみられるが、春の渡りははっきりしていない。
しかし、以前悪石島に住んでいたころ、春の渡りを毎年目にしていた。
3月下旬から4月上旬にかけて渡っているのは間違いない。
3時半からの1時間で約300羽を数えた。
d0230507_09383265.jpg
















d0230507_09384404.jpg
















次の朝早く、島に降りたであろうタカの北上する姿を撮影したいと島の北側にある大峰牧場へと車を走らせた。
しかし、サシバは見えなかった。
かわりに日の出を撮影した。d0230507_09381291.jpg















d0230507_09375241.jpg
















d0230507_09373667.jpg















日の出を撮ったのは初めてで、カメラの設定に時間を費やしていたら日はすでに水平線から出ていた。
諏訪之瀬島、中之島の向こうに遠く屋久島が霞んで見えた。
d0230507_09371804.jpg















3日目に見た鳥たち
ミゾゴイ。絶滅危惧種だが、毎年島では4~5羽見かける。
d0230507_09390281.jpg















クロツグミ。白と黒のツートンカラーだが美しい。
d0230507_09365649.jpg
















温泉場近くの池にいたコサギとセイタカシギ。
d0230507_09363193.jpg
















d0230507_09355771.jpg
















海岸ではツバメが羽を休めていた。
d0230507_09350577.jpg
















3日目の画像はここまで。

[PR]

by minnamiya | 2017-04-30 10:11 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

悪石島の野鳥 3

悪石島滞在2日目、早朝歩いて鳥を探す。
すぐ目の前にキビタキの雄がいた。
人を恐れない可愛い鳥。
d0230507_11104182.jpg















八幡神社の観光案内を務める別のキビタキ
d0230507_11103041.jpg















八幡神社近くの海岸に行くと、絶壁の崖上ではイソヒヨドリが盛んにさえずっていた。
今度の島行きの画像で最も気に入った1枚。
d0230507_11095178.jpg















校庭に来てくれた珍鳥ベニバト。体が紅色を帯びている。
生まれて初めての出会い。
d0230507_11100949.jpg















以下は温泉場近くの池にいた鳥たち。
背中を向け哲学的な雰囲気を漂わせているゴイサギ。
d0230507_11090289.jpg















正面から見るとこんな鳥。
d0230507_11084402.jpg















アオサギ
d0230507_11092350.jpg
















ダイサギとコサギ
d0230507_11082078.jpg



























ヘリポートではツバメチドリが休んでいた。d0230507_11080556.jpg














東の牧場にはノビタキがいる。
顔がまだら模様であることから若鳥である。
d0230507_11075135.jpg















すぐ目の前にいても車からだと鳥は逃げない。
南さつまでは珍しいアカガシラサギ。
d0230507_11072893.jpg















有刺鉄線に止まってポーズをとってくれたアオジの亜種、シベリアアオジ。
d0230507_11070691.jpg















2日目の画像はここまで

[PR]

by minnamiya | 2017-04-26 11:39 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

2017 悪石島の野鳥 2

悪石島の野鳥の2回目
1日目(4月12日)、島の北の方にある大峰牧場に行くと冬鳥たちがまだ残っていた。
ミヤマホオジロの雄
頭と胸の黒と黄色のコントラストが美しい。
d0230507_15253390.jpg
















ミヤマホオジロの雌。こちらは黄色があまり目立たない。
d0230507_15260867.jpg
















同じ場所にいたカシラダカ。
ミヤマホオジロ同様頭の毛が逆立っている。

d0230507_15262536.jpg

















すぐ近くに姿を見せてくれたヤツガシラ
d0230507_15270908.jpg















東の牧場の草むらにいたシラコバトと思われる鳥。
もしシラコバトなら、埼玉県からではなく中国大陸から飛んできた可能性が大。
しかし、特定できず。
d0230507_15265487.jpg
















西側にある大麦牧場にいたツメナガセキレイの若鳥
胸がまだら模様になっている。
d0230507_15274284.jpg
















近くにヒバリが1羽いた。
d0230507_15280810.jpg
















夕方になって校庭に行くと、ホシムクドリが、ムクドリの中に混じっていた。
d0230507_15275491.jpg















1日目は結構いろんな鳥が出迎えてくれた。

[PR]

by minnamiya | 2017-04-20 15:49 | ふるさとの野鳥 | Comments(1)  

悪石島の野鳥

11日(火)23時発の「フェリーとしま」で、トカラ列島の悪石島に野鳥の観察・撮影のために行った。
本当は10日発だったのだが、悪天候のため1日延びてしまった。
そのため滞在が1日短くなったが、それでも昨年と同じくらいの種類の野鳥を観察・撮影できた。
10時半に着いて何軒かの家を訪れてから、いつものホームグラウンド、学校の校庭へ行った。
ツグミが数羽いた。
d0230507_09244438.jpg
遠くに目を凝らすと、頭や胸のあたりが黄色の鳥がいる。
キガシラセキレイだ!
いつか撮りたいと思い続けた鳥だ。エサをくわえている。
d0230507_09250112.jpg

近くではコチドリが盛んにえさを探している。

d0230507_09251625.jpg
昼からは牧場を中心に見て回る。
有刺鉄線の上にアオジがいる。胸の黄色が美しい。
d0230507_09253184.jpg
地上にタシギがいた。保護色になっている。
d0230507_09255012.jpg
別の場所には、ハクセキレイがいた。
これは亜種のタイワンハクセキレイ。
d0230507_09264662.jpg

草むらにはムナグロが休んでいる。
d0230507_09260796.jpg
夕方帰ろうとしていると杭の上にモズが杭の上に止まってくれた。
d0230507_09262628.jpg
最後にまた校庭に寄ってみると、アカモズの亜種シマアカモズがサッカーゴールの網に止まってくれた。
d0230507_10113506.jpg
1日目の残りは次回に。

[PR]

by minnamiya | 2017-04-18 10:18 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

続 野間池の野鳥

天気が良かったので4日の日も野間池に出かけた。
風力発電所のある所を見て回ったが、ヤツガシラなどまったくいない。
下に降りてくると、民家の広い庭にハチジョウツグミがいて車の中から撮らせてもらった。
この個体は、以前少年自然の家で撮ったのに比べ、胸の赤さび色の部分が広い。
d0230507_17474206.jpg















帰る途中いつも探してみる草むらの所へ行くと、ギンムクドリが隠れるように立っていた。悪石島では普通にみる鳥だが、こちらでは割と珍しい。

d0230507_17475352.jpg
帰る途中、車の前を小型のタカが横切って、電柱に止まった。チョウゲンボウだ。じっと静止したままだったのでピンボケにならずに撮れた。


d0230507_17481592.jpg
昨日5日から雨模様で、来週火曜日ごろまではずっと天気が悪い。
10日の夜出発のフェリーで、悪石島に行くことにしている。
昨年はクロノビタキという珍鳥に巡り会えたが、今年はどんな鳥と出会えるかワクワクする。
帰ってきたらまた写真を紹介したい。






















[PR]

by minnamiya | 2017-04-06 18:17 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

野間池の桜と鳥

6日ぶりに野間池に鳥見に行く。
例年だと3月中旬ごろには、山々が桜でほんのり白くなっているものだが、今年は3月末になっても全くそれがない。
新聞等によれば、気象台が統計を1953年にとり始めてから、開花が最も今年が遅いそうである。
これまでの最も遅い記録は4月3日であるが、今日はもう4日。
開花宣言ができるか微妙なところである。
野間池の山はどうか・・・・・・
白く色づき始めている!
真ん中の山は野間岳。


d0230507_07211881.jpg

d0230507_07205266.jpg

d0230507_07301368.jpg
いつもの所を見ていたら、鳥友からオジロトウネンがいるとの連絡が入り慌てて引返す。
4、5mの距離でもこちらを意識せず、さかんに餌をとっている。

d0230507_07305845.jpg

虫を咥えた。

d0230507_07311181.jpg
近くにはいつものホオジロハクセキレイがいる。
どちらかというと、普通のハクセキレイよりこちらが多い。


d0230507_08003190.jpg
これ以外にもアカハラを見たのだが、遠すぎて撮らなかった。
やっと桜の季節になったことを実感して帰る。






[PR]

by minnamiya | 2017-04-04 08:08 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

春告げ鳥

やっと鳥見の時間が取れて野間池へ行く。
ここには大陸や南方からの珍しい鳥が渡って来るので鹿児島の野鳥ファンにとっては貴重な場所である。
野間池に行く前に、いつものフィールドの益山の田んぼに寄る。
ヒバリがすぐ目の前にいた。
d0230507_16202243.jpg
野間池の草むらにはホオジロハクセキレイの小さな群れがいる。

d0230507_16175111.jpg
細い道を通って風力発電所へ行く。
一番奥の発電所から下って来ると2番目の所にいた!
私にとって春告げ鳥ともいうべきヤツガシラ。
d0230507_16283186.jpg
フェンスと草のせいで画像がぼんやりしているが仕方がない。
d0230507_16285187.jpg
まあ今年最初に出会えたから良しとしよう。
ホオジロハクセキレイの群れがいたところにはスズメが種子をついばんでいた。
d0230507_16332964.jpg

ヤツガシラはこの日4か所に出たらしい。
渡りが本格的に始まっている。
これからが楽しみだが、あいにくここしばらくは天気が悪いとのこと。
早く天気が回復してくれることを願う。
それにしても・・・・
今日からなのか、ブログの作成方法が変わってしまっていて、これをアップするのにあっぷあっぷだった。
でもどうにかできた。
おじさんたちはすぐには慣れないからこんなことでは困る。







[PR]

by minnamiya | 2017-03-28 16:42 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

春の渡り

春の渡りがもう始まっているというのに、しばらく用事があって鳥見に行けない。
先日撮った2種類の鳥を紹介する。
野間池で会ったホオジロハクセキレイ。
顔が白い。
これも渡りでやって来た。
d0230507_10131171.jpg

d0230507_10132763.jpg

次はハチジョウツグミ。
普通のツグミは胸の斑点が黒いが、これは赤さび色をしている。
d0230507_10145981.jpg

d0230507_10151541.jpg

雨が多くて天気が悪いし暇もなかったが、明日あたり鳥見に行けるかな。
[PR]

by minnamiya | 2017-03-25 10:17 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)