カテゴリ:同窓だより(京都)( 7 )

 

中山先生の、喜寿祝い

 11月12日、あの有名な加世田の、居酒屋、吉祥で3年5組担任、美術担当、水泳部顧問として、我々を、優しく指導してくれた、中山忠順先生の喜寿の、お祝いが行われました。
先生は、今でも絵を描いたり、ボランティア活動に参加と、忙しい日々を過ごしておられます。
当日は、全国から、暇な、教え子たち20数名が、馳せ参じました。
吉祥の女将、あけみちゃんの美味しい料理を、つつきながら昔話に、はなしがはずみます。
我々は、段々と上機嫌となり、酔いがまわり、ふーらふーらです。
宴もたけなわ、私が先生に、なんでそんなに元気何ですか?長寿の、秘訣を問うと、先生曰く。
お酒を飲む事、これにつきるそうです。ほんまかいな・・・・・
皆さん参考にしてください。
酔っぱらった私達は、隣の同級生の経営する、カラオケスナックへ、そこでは飲めや、歌えやのどんちゃん騒ぎ、盛り上がる、盛り上がる。お客も一緒に踊りまくり、なんと同級生の妹さんも、輪の中にいた。皆友達、皆友達、そろそろ帰らないと、かあちゃんに怒られるど・・・・・
教え子たちは、みんなグロッキー、1人で帰れない、歩けない。
先生は、すくっと立ち上がり、皆さん、また逢いましょう、と風の様に、去って行かれました。
恐るべき77歳でした。
d0230507_1523830.jpg
d0230507_15484628.jpg
d0230507_15524415.jpg
d0230507_17592510.jpg
d0230507_1805322.jpg
d0230507_1831742.jpg
d0230507_186724.jpg
d0230507_1892194.jpg
d0230507_23393965.jpg

[PR]

by minnamiya | 2016-11-20 13:01 | 同窓だより(京都) | Comments(0)  

故郷体験の旅

宮崎カーフェリーの格安チケットを手に入れたことから関西の3人(さーのい、正明、定夫)が六泊七日(船中泊二日)でカライモ掘り?に帰省しました。何とかが三人も寄れば楽しくも
セガらしか珍道中となりました。10月28日夕方、神戸の夜景を見ながら乗船
d0230507_21532840.jpg

d0230507_21542262.jpg
船室に入り荷を解き早速に大浴場に向かいのんびりと過ごして部屋に入るといやな予感、誰か部屋を間違っているらしいなんと間違っているのは我々で皆さんに平身低頭、老眼の奴が老眼鏡を掛けずに見たら6が8に見えたよう。気を取り直してラウンジで酒盛り、酔うほどに隣に居た二組のご夫婦とも話が弾み聞くと小林市に同窓会で帰ってきたとのこと74歳とのことだったが100キロあった体重が病気で半分になったひと、片や悪いところが全く無いひと、、それでも皆さんとても元気な先輩たちだった。

10月29日 朝、間もなく宮崎港に着岸という時、財布が無かと大騒ぎ結果はとんでもないところになおし込んでいた。上陸すると空は真っ青、一路加世田を目指して高速道路をひた走り途中 幸三を拾うため鹿児島に寄り昼過ぎに加世田に着き、先ずは故郷で昼食をと万世の萬来ラーメン店で人気のチャンポンを 美味しかった
d0230507_21571896.jpg
 
d0230507_2158366.jpg
夜は吉祥で十数名でのミニ同窓会その後さらに二軒をはしごして楽しい時を過ごしました。

10月30日 今日はカライモ掘りでもしようかと思っていたが朝から雨模様、残念じゃっねそいじゃ温泉でもいっがと言いつつ健次のところに寄ったのが悪かった。イッ子さんがカライモを持ってきたのを見た健次がお前たちカライモ餅食べさすっで(暗に手伝えと言っている?)しゃーなか、初めてのカライモの皮むき体験をして
後は知らんど早よ温泉にいっがと車に乗ろうとしたら健次が三時頃には戻ってきて手伝えと、わかったと言いながらも、そそくさと枕崎の温泉へと向かった。
d0230507_220588.jpg
天気が良ければこんな夕日が
d0230507_2202468.jpg

温泉では切符を買った釣り銭が出らんとワイワイガヤガヤ、そしたら受付のお姉さん(我々よりちょと歳下)がどこから来たのですかと京都の田舎 城陽市って知らんやろーうなと言ったら知っていますと、よくよく聞くと大阪にいたことがあり懐かしいと云う。この後、さーのいがしゃべりまくって聞いたところではご主人が我々と同級生とのこと、さあ健次が待っちょっで帰っが。渋々と一時間遅れで帰って見よう見真似でカライモ餅作りを手伝い、つまみ食いすると又格別の美味さだった。何時も作って送ってくれているイッ子さんたちの苦労を少しはわかったような気がした。

10月31日 健次が今日は野間岳に行ってコーヒーを飲ますっでと言っていたので幸三を迎えに行くと俺は行っがならんどとわめいちょっ。結局、金峰山に登ることになった。登と聞けば登山かと思うが実際は九合目くらいまで車でのドライイブ、あとの頂までは20分くらいの登りだったが日頃の運動不足がたたりやっとのことでたどり着いた。頂上に立てば素晴らしい眺望、吹上浜、桜島、開聞岳、野間岳、長屋山と大パノラマが、そして何よりも嬉しい冷えたビールで乾杯つまみは山男 健次特製のピーマン炒めに味噌ラーメン、そして締めはドリップコーヒーと本当に美味しかった。
d0230507_14124568.jpg

d0230507_229718.jpg

d0230507_2293962.jpg
d0230507_2295683.jpg

d0230507_22101021.jpg


11月1日 いよいよ明日は帰る日、連日の宴会疲れで今日は飲まんぞと朝は思っていたが、とくにやることもなく、やっぱり飲むしかなかった。

11月2日 故郷とも当分おさらば、一抹の寂しさを感じながらも宮崎日南の飫肥城を目指して出発となった。鹿児島から乗せてきた幸三はさーのいが80キロの幸三を乗せるよりカライモ80キロを積んだがましとの事でバスで帰るそう、鹿児島に寄らんかったおかげで3時間弱で飫肥に着いた。、飫肥は以外にも風情のある街でビックリ武家屋敷の門構え、石垣、漆喰塀が街のあちこちにあり知覧の武家屋敷などと同じく重要伝統的建造物群保存地区になっているそう。またこの町の名物は厚焼きたまご、飫肥天ぷらだそうで昼飯の代わりに味わってみたが厚焼きたまごはまったくのお菓子、スイーツだった。天ぷらは豆腐が多く入ったつけあげって感じだった。
d0230507_22131340.jpg
d0230507_22133046.jpg
d0230507_22134589.jpg

腹が一応満たされたので次の観光地、小学校の修学旅行で行った日南海岸、青島へと向かった。ところが今では海岸を通らない道路がありそっちに行ってしまってとうとう一番きれいな場所は通らんまま青島にたどり着いた。宮崎は昭和40年代、新婚旅行のメッカといわれていたが青島神社の様子を見ると今でも結構カップルがいるわ。
d0230507_22143393.jpg
d0230507_22144863.jpg

誰かが言った次は他んひとと新婚旅行にくっがと、誰いとは言われんばいと話をしてたら
おいおいどこいっとか、もうちょっとで逆走すっとこいじゃた。はよ気づいて認知症ドライバーの逆走事故にならんで良かったねってこともありました。いよいよ九州ともお別れ、フェリーに乗ったら今度は部屋を間違わんように念入りにチケットを確認OK、船内では帰りに会った小林に帰省した人たちとバッタリ、またまた夜中までの語らいとなった。翌11月3日朝8時ごろ神戸に着き旅の終わりとなりました。今回の旅では多くの同級生の皆さんにお世話になりました。特にミニ同総会に参加してくれたひと、毎晩付き合ってくれたひと、毎晩お邪魔した吉祥の大将本当に有り難う次回帰った時もよろしくお願いします。暇なひと、いつでも良いですよ関西にも遊びに来て下さい。待っちょでネ
[PR]

by minnamiya | 2015-11-07 22:19 | 同窓だより(京都) | Comments(0)  

同窓だより京都

 今日は読書でもして、すごそうかなと思っていた矢先、近所の碕山が「おーい、さーのい紅葉狩り行こう」とのこと、なんでもあの奥さんが、足を痛めて相手してもらえないらしい。
しょうがないな、専業主夫の、わたしは、家事を素早く済ませ、チャリンコで京都散策にでかけた。
最初に、都を京都に、定めた桓武天皇稜をおとずれ、次にやぶさめ神事で有名な、藤森神社にいき、今年の、有馬記念の、必勝を祈願しました。
ついでに、深海、福田君の分も、お願いしたから、乞うご期待・・・・
自転車は、稲荷のランプ小屋を通り伏見稲荷へ、千本鳥居にいくと、きれいな、紅葉見にたくさんの、観光客がいました。
自転車は、隣の紅葉の名所、東福寺通天橋へと、さすがにここは、いるわいっるわ、暇人が、紅葉も満開、人も満開でした。
マクドで昼を、済ませた二人が向かったのは、京都御所ひろいひろい、舞敷野の、ござ屋敷とは比べものに、ならない、もみじ、かえでの数も、はんぱじゃない。
砂利道を、ぐるぐるまわり、見た、見た、紅葉を、もう満喫した。満喫した。
さ帰ろう、同志社を通り新島襄(八重)邸を、チラ見。
鴨川沿いを、帰路へ途中ゆりかもめに、遭遇、新屋君を見習って、パチリ。
もうだんだん暗くなってきた。洗濯物も干しっぱなし、この世で一番怖い奥さんの、顔が浮かぶ、ふたりは、必死で、チャリをこぐ、ああーしんどいしんどい、けんぼうの山登りより、しんどかった。
d0230507_101230100.jpg
d0230507_10152563.jpg
d0230507_10182614.jpg
d0230507_10191380.jpg
d0230507_10193374.jpg
d0230507_10203359.jpg
d0230507_10211997.jpg
d0230507_10225929.jpg
d0230507_10235597.jpg

[PR]

by minnamiya | 2013-12-08 10:25 | 同窓だより(京都) | Comments(0)  

真如堂の紅葉

先月橋口君とママちゃりでいってきました片道30㌔はとてもきつかったです
d0230507_1418128.jpg

[PR]

by minnamiya | 2012-12-07 14:19 | 同窓だより(京都) | Comments(1)  

新川浜にいった

先日、加世田に帰省した際、崎山君と新川浜にいきました。
自転車橋ができ近辺には、レジャー施設が整備され昔のおもかげは、ありませんでした。
遠足でいった所におおきな松の木が、残っており、覚えておられる方もいるとおもいます。
又中州には、水鳥がえさをあさって、おりもうすぐ新屋くんが、写してくれるとおもいます。
浜辺にいた、おばさんによると昔は、はまぐりがどっさり採れたとのこと
帰ったらのぞいてみてください
d0230507_1719401.jpg
d0230507_17222436.jpg
d0230507_17242568.jpg
d0230507_1726402.jpg

[PR]

by minnamiya | 2012-11-26 17:28 | 同窓だより(京都) | Comments(0)  

深海がきた

d0230507_845418.jpg
5月17~18日深海君が、京都観光にきました。
皆で世界遺産等を、見てまわったよ。
d0230507_8221795.jpg
d0230507_824468.jpg
d0230507_8262726.jpg
d0230507_8275933.jpg
d0230507_8292682.jpg
d0230507_8401982.jpg

[PR]

by minnamiya | 2012-05-21 12:00 | 同窓だより(京都) | Comments(0)  

京都

d0230507_1612683.jpg
d0230507_1615662.jpg
今回は、長岡天神に行きました。日本一のキリシマツツジ樹齢150年の群生があり、
見事なものでした。ここは、昔の長岡京という都のちかくでした。また帰りに、細川ガラシャで、有名な
勝竜寺城を、見学しました。
d0230507_15593246.jpg
d0230507_1651117.jpg
d0230507_1692045.jpg

[PR]

by minnamiya | 2012-05-15 16:12 | 同窓だより(京都) | Comments(0)