暖かな日差しの下で

19日(金)阿多の田んぼや田布施の田んぼへ行った。
この日は晴れの予想だったが薄晴れだった。
なんでもPM2.5のせいらしい。
遠くの山々がかすんでいた。
田布施の堤防の斜面にアトリがたくさんエサを探していた。
d0230507_10015213.jpg
















この群れが飛び出して群れで飛ぶチャンスをうかがった。
カメラの設定をいつもとは変えて満を持して待つ。
しかし一向に飛び出してくれない。
10分以上経過した時飛び出した。
d0230507_09031036.jpg
















ひとかたまりになって飛ぶ。
d0230507_10023575.jpg
















高速連写で何十枚も撮っても、いいのはほんのわずか。
でもある程度納得できるのが取れれば本望。
(この画像が良いのかどうかはよくわからないが・・・・)
しばらくすると、南のほうの上空にタゲリの群れが飛んでいた。
d0230507_09165063.jpg
















たくさん撮ったので帰る。
途中の田んぼの畔に先日撮ったムネアカタヒバリがいた。
識別に詳しい鳥友によると、ムネアカタヒバリが今の時期、頭や胸が赤レンガ色をしているのは珍しいとのこと。
d0230507_09015093.jpg
















目の前の電線にはホシムクドリが止まってくれた。
納得するまで撮るとどこかへ飛んで行っていなくなった。
ありがとう。
d0230507_09022148.jpg
















阿多の田んぼの畔に鳥が。
ヒバリかと一瞬思ったが背が高く背中の色が違う。
マミジロタヒバリだ。
これは西日本では越冬するが、東日本ではほとんど見られないとのこと。
凛とした立ち姿がかっこいい。
d0230507_09010850.jpg















[PR]

# by minnamiya | 2018-01-24 09:46 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

干拓の鳥

15日今年初めて大浦干拓へ行った。
水が残った田んぼにチドリ類の鳥が忙しそうにえさを探していた。
コチドリの幼鳥。
d0230507_11381900.jpg
















シロチドリ。上と下は別個体。頬の茶色の部分の広さが違う。
嘴が下の方が太い感じがする。
d0230507_11381021.jpg
















d0230507_11375772.jpg
















別な乾いた田んぼにはタヒバリとツグミがいた。
タヒバリは保護色をしている。
d0230507_11372915.jpg
















d0230507_11371245.jpg
















あまり鳥がいないのであちこち走り回っていたら、電柱にミサゴがやって来た。
足に何か掴んでいる。
そのうち食べ始めた。
ボラみたいだ。
d0230507_11363775.jpg
















d0230507_11365130.jpg
















ミサゴの食事を見ていたら、お腹がすいてきたので家路についた。

[PR]

# by minnamiya | 2018-01-21 12:30 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

南国の雪山

先週こちらは雪が積もった。
南に住む人間にとっては、雪は特別な存在となる。
心が躍る。
触ったり丸めて投げてみたくなったりする。
時には頬張ることも。
そんな雪の降った次の日出かけてみた。
加世田から見える山々は雪化粧をしていた。
上から金峰山、長屋山、野間岳の3山の画像。
今回の雪は、西の方が強かったみたいで、金峰山よりも西に位置する野間岳の雪景色がきれいだった。
d0230507_09121380.jpg
















d0230507_09120075.jpg
















d0230507_09124253.jpg
















d0230507_09123134.jpg
















d0230507_09130827.jpg
















d0230507_09132050.jpg
















来週にはまた雪が降るらしい。
今度はどんな景色が見られるのだろうか。















[PR]

# by minnamiya | 2018-01-19 09:26 | ふるさとだより | Comments(0)  

厳冬の鳥

一昨日の夜こちらでは雪が降った。
昨日の朝目覚めたら、周りは一面銀世界。
朝な夕な見る長屋山には雪が積もっていた。
d0230507_20382241.jpg















雪が一段落した今朝、田布施の田んぼに出かけてみた。
堤防の草むらにタヒバリがいる。
d0230507_17174339.jpg
















すぐ近くにはちょっと違う鳥が。
よく見るとムネアカタヒバリだ!
春や秋、よく行く悪石島では見るが、こちらでしかも、冬見るのは初めてだ。
d0230507_17160802.jpg
















これを見ただけでもう満足。
すぐ近くの電線に何か止まった。
逆光で見づらいがよく見てみると・・・・・ホシムクドリじゃないか!
それも3羽もいる。
これも、悪石島以外で初めて見た。
d0230507_17145508.jpg
















これだけ見て大満足になり帰ろうとしていると、近くの田んぼにタゲリがいた。
数えると24羽はいる。
d0230507_17143368.jpg
















頭に長く伸びた冠羽があるのが特徴。
猫みたいな声で鳴く。
背中の羽はよく見ると美しい。
帰る道すがら電線に止まっている群れを撮った。
その数200羽以上のアトリの大群。
鈴なりとはこんなことを言うのだろうか。
d0230507_17133914.jpg
















短い時間だったが、大満足で引き揚げた。

[PR]

# by minnamiya | 2018-01-13 21:09 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

新春の鳥

12月はふるさと便づくりやなにやかやで鳥見にほとんど行けなかった。
正月は酒飲みやらに忙しく、6日になってやっと近所の万之瀬川に行ってみた。
カモを探していると枯れ木に鳥が止まっていた。
ノスリだ。
d0230507_11514406.jpg
















上流の木にも鳥が。
木がかぶさってよく分からない。
d0230507_11512089.jpg
















d0230507_11510307.jpg
















おそらくハイタカかオオタカと思われる。
違う角度から撮ろうと車を移動したら逃げられてしまった。
仕方がないので、クロツラヘラサギを探しに行く。
ポカポカ陽気のいつもの場所にクロツラヘラサギが休んでいる。
d0230507_11515709.jpg
















重なっていて何羽いるのかよく分からない。
動かないので新川海岸に向かう途中少し寄り道をした。
なんとそこに、クロツラヘラサギが5羽いるではないか。
南側に面した斜面で休んでいる。
d0230507_11503978.jpg
















驚かさないようにしてその場を離れる。
上空を見上げるとノスリがホバリングしている。
ぶれるかもと思いながら撮ってみたら結構うまく撮れていた。
d0230507_11501454.jpg















d0230507_11495552.jpg
















新年早々いいのが撮れ満足して引き上げた。
今年はどんな出会いがあるのだろうか。

[PR]

# by minnamiya | 2018-01-08 12:13 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

竹屋神社の奉納神舞

大みそかの夜11時過ぎから近くの竹屋(たかや)神社で、奉納神舞があるというので山妻と行ってみた。
おそらくこんな催しは初めてではなかろうか。
社殿の雰囲気。
d0230507_10110133.jpg


















口上を述べていよいよ始まる。d0230507_10105145.jpg
















まず男性の舞
d0230507_10103520.jpg

















華鳥風月の舞い
d0230507_10101857.jpg

















d0230507_10100298.jpg

















酒解(さかとけ)の舞
d0230507_10095100.jpg

















d0230507_10093909.jpg

















酒つたえの舞
d0230507_10092780.jpg

















d0230507_10091283.jpg

















岩戸隠れの舞
d0230507_10085605.jpg

















常闇(とこやみ)の舞
d0230507_10084389.jpg

















咲楽(しょうらく)の舞
d0230507_10082993.jpg

















d0230507_10081671.jpg

















岩戸開きの舞い
d0230507_10080299.jpg

















イヤーイヤー全く幻想的で、魅惑的な舞だった。
特に、咲楽の舞はエロチックでさえあった。
いいものに接して今年も良い年になりそうな気がした。

[PR]

# by minnamiya | 2018-01-01 10:33 | ふるさとだより | Comments(0)