ふるさと雑感

けんぼうの夢想話

千両役者

毎年秋になると行きたいところがある 紅葉の涸沢である

最近テレビで日本百名山の番組とか ○○の絶景 とかの番組を目にするが

秋の紅葉シーズンになると 紅葉の名所として涸沢もよくでてくる

そして涸沢だけでなくもうひとつ

涸沢の上にある北穂高岳の山頂にある北穂の小屋である 
そこでうまい酒を飲みたくなるのだ

3100mにある日本一の酒場である


その日本一の酒場に学生時代の友人とやって来た

涸沢を午前5時に出て奥穂高岳 涸沢岳を経て北穂高岳の頂へ午後1時ごろについた
あしかけ8時間の行程である

山頂は雲の中おまけに風も強い こういう時は小屋の中でのんびりするしかない

テレビもラジオもないので夕食まで寝ていることにした

2時間ほどウトウトしただろうか 夕食(5時半)前になり まわりが騒々しいので どうかしたのかと思っていたら

友人が 槍が見えるという

槍が見える! それならと 布団から起きだして小屋の前のテラスに出ていった

すでに数人が手に手にカメラを構えている

槍ヶ岳のほうを見ると 槍ヶ岳はまだ雲の中だが

西の空にぽっかりと穴が空き 青空が見え そこから夕日が射している

しばらくすると槍ヶ岳にかかっている薄絹のような雲が

谷からの風に吹き上げられ だんだんと切れだした

そして槍の頂が少し見えてきたら 隣にいた栃木から来たという元気なお兄さんの

でろでろ と掛け声の大きいこと

さすがの槍ヶ岳もその声に圧倒されたのか 頂だけで なかなか姿を見せてくれない

その頂もすぐに湧き上がる雲にかくれた

しばらくして また頂が出てきたかと思うと すぐ雲にかくれる

今度は足元が少し見えたかと思うと すぐ足元から湧き上がる雲にかくれる

そのたびにお兄さんの掛け声が大きくなる でたでた とか でろでろ とか

寅さんの映画にありそうな ドタバタ芝居のような騒ぎである

風が強く寒いなか待つこと10数分 やっと気を揉ませる雲の妖艶なショーが終り

槍ヶ岳が姿をあらわした

全身に夕日を浴び 穂先がすくっと天空を指している 一分の隙もない

いよー まってました と声をかけたくなる


その晩は日本一の酒場で栃木の元気なお兄さんといっしょになった

お兄さんがテーブルに出したのは お手製の梅酒と 自分で作ったという大きなピーナツを茹でたものだった 3100mの頂で大きなピーナツに出会うとは!

つい1週間前地元の十五夜の綱引き会場で 焼酎のつまみに 珍しいものがあると

でてきたのが 茹でた大きなピーナツで それがたいへんうまかった
またお目にかかるとは 面白いものである

それにしても自分で作った酒とつまみを 3100mの頂まで持って上がり

味わう酔狂な人がいるとは ……

酒の方もビールからお兄さんの梅酒 そして最後は芋焼酎のお湯割りとなり

もう一杯と 閉店近い時間まで とりとめのない山の話で盛り上がった


すっかりいい気持になり このぶんなら明日もモルゲンロートの槍ヶ岳が拝めると期待して寝たのだが

そんなにうまくいくはずがない 明け方屋根をたたく雨音で目が覚めた

思わず 雨かぁ という言葉が口からでた

雨となれば怪我のないように慎重に下りるだけである

雨が強くならない前にと 合羽を着こみ小屋を早めに出た

岩尾根を友人が先に行き 私があとから慎重に下りていく

年がいくと登るより 下りるほうがやっかいになってくる

日本百名山踏破に あと吾妻山一つという山の猛者の友人だが

この数年膝が悪く 両手に杖(ストック)を突いている

私も彼にまねて ストックを使うようになったが まだ2回目であり 上手くいかない

雨の岩場は滑りやすく 途中鎖場や長い鉄梯子もあり 気をつかい体力も消耗する

そして日頃の鍛錬が足りないようで 下りるうち次第に太ももが麻痺して

力がいらなくなってきた 下りのなんでもない所で転ぶこと2,3回 
友人にかなり遅れ 這う這うの体でなんとか横尾にたどりつく

横尾までくると雨も止み 合羽を脱ぎベンチでいっぷくし一息ついた

この先は上高地まで転ぶような下りもなく ひたすら歩くだけである


黄や紅に紅葉したダケカンバ
カツラ カエデに彩られ

砂糖を焦がしたようなカツラの黄葉の甘い匂いのする梓川添いの道を

友人と前後して黙々と歩く

ここまで来ると 山の上とは違い 張りつめていたものも緩み

歩きながら口数も多くなり 今回の山行や あの頃のことなどを

あーだった こーだったといいながら 軽口も出てくる

それにしてもこの道は あの頃から変わってはいない

行きかう人も相変わらず多い 我々シルバー組から若者まで 
そして外国の人々までいろいろである
ときたまヘルメットをリックの上にのせた若い娘さんの一人、二人組にも行きかう

我々の頃はまだ山男の時代だった

山登りに対する考え方が変わったということだろうか

人はなぜ山になぜ登るのか この素朴なことを先に行く友人に訊いてみたくなったが

後姿が まだまだ より高く といっているようで

あまりにもバカバカしいのでやめた

頭のなかを あの湧き立つ雲と槍ヶ岳 をはじめ

いろいろな情景が次から次へ駆け巡っていく

そして疲れ切った身体に 終わったという大きな安堵感と充足感があり

その一番真ん中にあるのは 彼と46年ぶりに この道を歩いているということだった



d0230507_10121588.jpg


d0230507_10125296.jpg


d0230507_10132651.jpg


d0230507_10111833.jpg


d0230507_10102294.jpg


d0230507_10142095.jpg


d0230507_10073044.jpg


[PR]

# by minnamiya | 2017-10-29 10:16 | ふるさと雑感 | Comments(0)  

吹上浜の鳥

8月下旬から近くの万之瀬川河口に行って、吹上浜にやって来る鳥を探した。
この吹上浜には、結構珍しい鳥がやって来て、東京あたりからも見に来るほどである。
2年前に見たヘラシギ、カラフトアオアシシギなどは、世界中で5~600羽くらいしかいないとまで言われているのだが、そういった世界的な希少種がやって来るのが吹上浜だから、地元に住む者としてはたまらない。
今年も見られるのではないかと通うのだが、空振りだった。
昨年もそうだった。
でも、昨年は、ヒメハマシギというかなり珍しい鳥が観察された。
その鳥を見つけたのは、私の鳥友だったが、私がヨーロッパトウネンという鳥を見つけて彼に知らせたところ探しに行ったらしい。
ところが、ヨーロッパトウネンを探しているうちにヒメハマシギを見つけて、このあたりの野鳥ファンが押し掛けるという騒ぎになった。
前置きが長くなったが、ヘラシギによく似たトウネン。
d0230507_17545931.jpg
















面白い嘴の形をしているのを撮った。
d0230507_17553145.jpg
















ヘラシギは嘴がへら状になっている。
d0230507_18250910.jpg

















d0230507_18252762.jpg
















メダイチドリもいる。
d0230507_17542203.jpg
















d0230507_17540224.jpg
















砂浜の上ではハシブトアジサシが飛んでいた。
これはかなり珍しい部類に入る。
d0230507_17524157.jpg
















d0230507_17522102.jpg
















これから先は吹上浜で、シロチドリ、ミユビシギ、ハマシギなどが群れ飛ぶようになる。

[PR]

# by minnamiya | 2017-10-24 18:28 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

ふるさと雑感



けんぼうの夢想話

 なんとなく


 愛燦々と という歌がある 美空ひばりが30年前に唄った歌で 小椋桂の作詞作曲で 人生は妙味なものだという いい歌である なかなか燦々(さんさん)と読めるものではないが この歌を聴くたびに さすが古今東西一の歌姫だと思っている美空ひばりだし 小椋佳の透明で潤いのある品のいい世界が広がってくる 

今でもカラオケで唄う人も多いようだ

この 愛燦々と を含む美空ひばりの歌を 中秋の名月の日(10月4日)
私の住んでいる川畑の 15夜大綱引き大会 の会場でBGMとして流した

小さな田舎のイベントではあるが 4年前から屋外用の本格的なPA(音響装置)を使うようなり 会場の雰囲気が格段によくなった

夕方会場の準備が終り PAのテストを兼ねてこのBGMを流してみた 
美空ひばりの屋外コンサートを聴いているような 臨場感があり迫力満点である
港町13番地 の軽快な歌で始まり 旅笠道中 そして 愛燦々と と続いた 

この 愛燦々と を聴くうちにアレッと思うところがあった 

○○タチハ ヤサシクマツゲニ イコイ という歌詞のところである

これまではハトたちが空を飛びまわる様を歌っていると思っていたが 

どうも○○がハトとは聞こえないし ハトたちがまつ毛にいこう?  どうも違うようだ
2番になると ミライタチハ ヒトマチガオシテ ホホエム と聞こえた
ミライタチ? とはどういうことだろうか思い 

スマホで歌詞を検索すると 便利なものですぐに出てきた 

1番は 過去 で2番は 未来 である なーんだそういうことか

歌詞を見てやっとその意味がわかった

~人は悲しい悲しいものですね~それでも○○たちは~ にいこう の歌詞の前後から
○○をハトであると勝手に思い込み ハトが空を飛びまわる様を思い描いていたのである

過去の人たち 未来の人たちと するとよくわかるのだが 
そうすれば説明調の変哲のないものになり 歌詞としての緊張感がなくなる 
それが詩であるし 小椋桂の世界であるのだろう


話は大きく変わるが イッショケンメイということばがある 
あの人は
○○にイッショケンメイだというように 日常会話でしばしば使われている

そのイッショケンメイについて ある本を読んでいたらいがいなことが書いてあった

これまで漢字でかけば 一生懸命だと思っていたが 一所懸命であるという

辞書によると 全力をあげてものごとに打ち込む様 
賜った一カ所の領地を生命にかけて生活の頼みとすること だそうだ

およーょー である 人生の第4コーナーを走るころに知るとは 

4字熟語を勉強している受験生ならば分ることだろうが 

そんな一所懸命な頃はもう半世紀前になってしまった

振り返ってみると 思い込み かん違いがなんと多いことか 
なんとなく生きてきたことを悔やむばかりである

おのれのことはさておき 最近世の中もいい加減で手前勝手で無責任なことが多すぎる

今度の選挙もそうだし 我が国を代表する企業のなんとお粗末なこと

戦後70年これまで我が国を引っ張ってきたと思っていたものが

今ガタガタと音をたてて壊れていくようだ

もっと一所懸命にならないと これからの子供 孫の時代が思いやられてならない

d0230507_09435519.jpg







d0230507_16414839.jpg


[PR]

# by minnamiya | 2017-10-21 16:52 | ふるさと雑感 | Comments(0)  

猛禽類

タカやワシの仲間を猛禽(もうきん)類と呼ぶ。
すぐ身近にいるトビもその仲間である。
9月にはアカハラダカ、10月にはサシバを見るために金峰山に行ったが、それ以外の猛禽類も何種類か見た。
まずは9月のアカハラダカ。
黒いアカハラダカもいる。
d0230507_14040551.jpg
















9月8日には大きなタカが。鳥友によれば、おそらくクマタカとのこと。
だとすれば自分は初めて撮影したことになる。
d0230507_13583234.jpg














9月28日、金峰の田んぼでミサゴが田んぼでエサを食べていた。
するとそこにトビが襲いかかりミサゴは逃げた。
d0230507_13540884.jpg
















d0230507_13535820.jpg
















9月30日、大浦干拓の電柱にチョウゲンボウがいた。
d0230507_13513870.jpg
















チョウゲンボウを撮ったつもりが、後で見たらミサゴが魚を足でつかまえている画像。
d0230507_13474734.jpg
















10月12日、金峰山を通過するハチクマ。
d0230507_13430880.jpg
















最後はやっぱりサシバ。d0230507_14021989.jpg














この秋から冬にかけどんな猛禽類と出会えるかな。

[PR]

# by minnamiya | 2017-10-19 14:26 | Comments(0)  

サシバの渡り 2

昨日12日も金峰山に登ってみた。
もちろんサシバを見るためである。
すでにお隣宮崎県都城市にある金御岳(かねみだけ)では1万を超すサシバが渡ったとのこと。
ここは本州から渡って来るサシバが通過する地点にあたるため多くのサシバが観察される。
しかし、数は以前に比べるとかなり減っているものと思われる。
ここ金峰山付近は、九州や中国地方のサシバが通過しているようだが、はっきりしたことは分かっていない。
9時過ぎに金峰山の駐車場に着いたが、まだ今朝は渡っていないらしい。
9時25分過ぎに200羽くらいの群れが西側を通過して、頭の上で舞いだした。
d0230507_18400872.jpg
















カメラがでかすぎて一部しか映らない。
d0230507_18394882.jpg
















別のカメラとレンズで撮った。
d0230507_18391365.jpg
















上昇気流に乗って上に上がり、ジェット気流をつかまえたら、まるでグライダーのように一気に下る。
省エネのため彼ら・彼女らはこうして体力の消耗を抑えるのだ。
d0230507_18384768.jpg
















この日最大の群れが真上で旋回した。
d0230507_10090708.jpg
















ここには約40羽ほどしか映っていないが、実際は70以上の群れである。
飛行機と競争するのもいる。
d0230507_18373069.jpg
















お月さんの前を通過するサシバたち。
d0230507_09351332.jpg
















でも、月にピントを合わせていたため、サシバはぼけてしまっている。
d0230507_09353871.jpg
















昨日は今季最大の628羽を11時までにカウントした。
もっと多くの人で西側、東側を数えたら数は増えたに違いない。
今朝いつもの所に立って空を見上げていたら、7時40分に10羽のサシバが下って行った。
もしその気がある人(九州にお住いの方に限るが)は、午前11時ごろまでが観察の時間帯である。

[PR]

# by minnamiya | 2017-10-13 09:01 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

第三十回 43卒おうち会同窓会 <素晴らしい想い出を有難う!>

9月22日開催の 『第三十回 43年卒おうち会』 は、総勢19名の参加者でした。

恩師 荻迫先生をはじめ鹿児島から6名の参加、並びに神戸からの常連参加、希少なマドンナ3名の参加を頂き、和気藹々と笑いの絶えないスピーチが続き、

且つ、ハーモニカの名手 『中間君』 の演奏に合わせ、想い出の青春歌謡を皆で声高らかに歌わせて頂きました。


二次会も西園君の計らいで、男性全員 西園君のお店に押しかけ 郷土料理や尽きぬ話に おてちき 堪能し、お互いの絆を深めることのできた1日でした。


また、午前中は 『科学技術館』 を訪問、様々な科学技術に驚かされると共に、3D映像の宇宙の旅は、将に宇宙旅行をしている様な錯覚に陥り、大いに楽しませて頂きました。


アルバム作成に当たりましては、限られた紙面にどう載せるか、今回も悩みました。 同窓会を臨場感を持って感じて頂ける様、工夫させて頂きましたので、ご笑納くださいませ。


さて、来年は高校卒業50周年です。  ふる里鹿児島での開催となりますが、出来るだけ多くの方々がご参集頂ける様、お盆前に開催の予定です。

ふる里の皆さん、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。


“こいからじゃっど“ の精神で健やかにお過ごしください。 またね!!

                     幹事: 染川、門園、上堂薗

d0230507_08561700.jpg
                                     アシモ君と英語で会話
d0230507_08570751.jpg
                                    荻迫先生の篤いスピーチ
d0230507_08575996.jpg
中間君のハーモニカ演奏
d0230507_08584866.jpg
皆で声高らかに 想い出の青春歌謡
d0230507_08592938.jpg
和気藹々の歓談
d0230507_09000460.jpg
皆で集合写真



[PR]

# by minnamiya | 2017-10-12 09:18 | 加高43年卒あうち会 | Comments(0)