第64回県下一周駅伝

いよいよ本日18日から、鹿児島に春を告げる県下一周駅伝が始まった。
正式には、第64回鹿児島県下一周市郡対抗駅伝競走大会という。
第2のふるさと悪石島の小学校に勤務する人が走る枕崎市の9区に応援に行った。
彼は指宿チームで走る。
風邪をひいて朝は点滴を打ってもらいながら、やっぱり出かけてしまう。
どうしようもない駅伝狂である。
9区の周りの様子。
周り一面茶畑。
d0230507_19284549.jpg

遠くには開聞岳が望める。
d0230507_1929234.jpg

広報車がやって来た。まもなく選手が来る。
d0230507_19304191.jpg

胸が高鳴る。パトカーカーも来た。
d0230507_193155.jpg

トップの鹿児島の選手。ここで3分以上離していた。
d0230507_1932084.jpg

続いて2位姶良。
d0230507_19323634.jpg

3位は地元川辺の田畑選手。区間新記録の快走。いいぞ!!
d0230507_19343718.jpg

d0230507_19345920.jpg

4位争いの大島と川薩。
d0230507_19365648.jpg

続いて日置と肝付。
d0230507_19375065.jpg

少し遅れて出水。
d0230507_19383544.jpg

なかなか指宿の片野田選手が来ない。
次に曽於の久徳選手。
d0230507_1942923.jpg

やっと片野田選手が来る。
彼を励ますための応援旗の前を通過。区間6位の好走だった。
d0230507_19432780.jpg

続いて、伊佐の選手。熊毛の選手は撮りこぼしてしまった。悪い。
d0230507_19455321.jpg

やっぱり今日もこの駅伝だけで400枚以上撮ってしまった。
最終区の様子はまたの機会に。
[PR]

# by minnamiya | 2017-02-18 19:49 | ふるさとだより | Comments(0)  

またまたソリハシセイタカシギ

万之瀬川にソリハシセイタカシギが来たのは1月16日。
丁度1月経った今日もまだいるかと思い、4時前出かけてみた。
やっぱりいた。
例によって向こう岸の遠くの方にいる。
近くには(と言っても50mぐらいは離れている)、ウやセグロカモメがいた。
d0230507_19583823.jpg

d0230507_19585498.jpg

d0230507_19591038.jpg

ソリハシセイタカシギは、少しずつ近づいてきてくれた。
d0230507_200525.jpg

何かを咥えているようだ。
d0230507_2012753.jpg

水を吐き出しているのかな。
d0230507_2022410.jpg

飛んで行った。
d0230507_203817.jpg

d0230507_2032332.jpg

d0230507_203423.jpg

1月も留まってくれるのは嬉しいが、まさか帰る場所がわからなくなったのではあるまいな。
そろそろ帰らないと、誰かが心配するぞ!

今日も気が付けば100枚近く撮っていた。
[PR]

# by minnamiya | 2017-02-16 20:11 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

クロツラヘラサギたち

昨日、いつものようにフィールドである万之瀬川に行った。
珍しくクロツラヘラサギがいた。
ここ1週間ぐらいこの場所に通ったのだが、クロツラヘラサギは見かけなかった。
風にあおられて、頭の羽根が逆立っている。
d0230507_1632831.jpg

ソリハシセイタカシギは、義理堅くちゃんと待っていてくれた。
d0230507_1633591.jpg

上之山橋をさっき通った時、右下に白い見慣れない鳥を見ていたので車を止めて見に行く。
すると、すぐ目の前の草の上に横たわっている。
アビだ。
冬鳥として九州以北に渡って来るが、九州南部以南では珍しい鳥らしい。
それがこの万之瀬川に3羽来ているとの情報をもらっていた。
そのうちの1羽がこれである。
d0230507_16454944.jpg

かわいそうに腹の所には、べっとりと黒い油がついている。
d0230507_16465984.jpg

d0230507_16472292.jpg

それでもこの鳥が一番きれいとのこと。
他の鳥はまだ汚れているのだろう。
アビには悪いことをしている人間どもである。
[PR]

# by minnamiya | 2017-02-15 16:51 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

ソリハシセイタカシギ4

今日は珍しく昼間にアップしている。
たった今、高校時代の友人の葬儀から帰ったばかりである。
彼は多趣味な男で、絵を描き、ギターを弾き、ピアノもうまかった。
高校時代クラシック音楽を好きになった時、詳しくいろいろ教えてもらったものだった。
その彼は、突然この世から姿を消してしまった。
おそらく仕事中に倒れたのだろう。
安らかに眠れ。

閑話休題、11日、雪のため道路がチェーン規制されたため、鹿児島の野鳥の会の役員会に行けなくなった。
時間が空いたため、気になっているソリハシセイタカシギを探しに行った。
まだいる!
風が強いため水が波立っている。
d0230507_1512292.jpg

d0230507_1512479.jpg

かねてはいないオナガガモものんびり休んでいる。
オナガガモの尾がピンと後ろに伸びているのがよくわかる。
オナガガモの名前は、この長い尾からきている。
左はマガモ、下はコガモ。
d0230507_1516164.jpg

ソリハシセイタカシギの滞在に満足して家路につく。
ひょっとしたらと思い、遠回りをする。
というのは、ホオアカの姿は見るのだが、写真に撮れない。
今日撮れたら幸い、という気持ちで行くといた。
しかも、車の横の位置にいるため撮るにはもってこいである。
d0230507_15221926.jpg

車の中から撮ったのだが、強い風で車と望遠レンズが揺れ、ピントを合わせにくかった。
この鳥は、その名の通り、ほおが赤い。
強風の中、4回目でやっと撮れ、満足して帰った。
[PR]

# by minnamiya | 2017-02-13 15:30 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

厳冬の鳥たち

南国鹿児島は、今日は寒い!!
時折雪が舞い、強い風にあおられそうになる。
そんな中、やっぱりソリハシセイタカシギが気になって、万之瀬川のいつもの場所に出かけてみた。
いる、いる。
水の中を忙しそうに餌をあさっている。
d0230507_2092635.jpg

d0230507_2010677.jpg

そうこうするうちに雪が降りだした。
d0230507_20104532.jpg

d0230507_2011950.jpg

あまりに遠くいるので、すっきりとしたいい写真が撮れなかった。
しかし、雪の降る中で撮れたのでよしとする。
ついでに、クロツラヘラサギは、この雪の中どうしているだろうと、新川に行く。
すると、道路のすぐそばで餌獲り中。
あまりに近いので2~3羽しかレンズに入らない。
嘴の色や形が異なる。
年齢による差だろう。
d0230507_2333143.jpg

d0230507_2335110.jpg

まだまだ寒いが、ソリハシセイタカシギ君、クロツラヘラサギ君元気にしていろよ。
[PR]

# by minnamiya | 2017-02-10 20:20 | ふるさとの野鳥 | Comments(3)  

ミヤコドリ

昨日のミヤコドリの画像がピンボケで気に入らなかったので、再度万之瀬川河口に撮影に行った。
昨日よりも早い時間なので、いくらか逆光にならずに済んだ。
それに、ピンボケのせいと思われる1.4倍に拡大して撮る補助レンズを今日は使わないことにした。
そうして撮った画像である。
2枚目からはエサとなるカニを咥えているのがわかる。
d0230507_19265561.jpg

d0230507_19271192.jpg

d0230507_19274127.jpg

d0230507_19275791.jpg

このミヤコドリは背中の羽の色が茶色いことから若鳥だと思われる。
500枚以上撮ってしまい画像処理に4時間以上もかかってしまったが、いいのが撮れて満足した。
なお、以前紹介したソリハシセイタカシギは、まだ滞在している。
これで23日間はここ万之瀬川河口にいることになる。
[PR]

# by minnamiya | 2017-02-08 19:32 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)