万之瀬川付近の鳥

川辺2日市で出店すべく、ヨモギ摘みに行ったり餅を作ったりしていて鳥見に行けなかった。
天気はいいし久しぶりに出かけた。
3月の探鳥会のリーダーを務めるので、下見を兼ねて「南薩少年自然の家」を歩き回った。
ジョウビタキの雌がいる。
d0230507_15541999.jpg

しばらく歩くとトイレットの近くの木にモズが止まった。
d0230507_15563124.jpg

小川のそばの木では、カワセミが獲物を待って見張っている。
d0230507_15582122.jpg

川には小魚の群れが。これなどを餌にしているようである。
d0230507_1559071.jpg

サンセットブリッジから海の方を見ると、黒と白い模様の鳥がいる。
ミヤコドリだ!まだカメラに収めたことがない。
急いで車を海岸まで走らせ、三脚にカメラをつけて砂浜を歩いて近づく。
しかし、今日も例によって、ピンボケのオンパレード。
しかも逆光で画像がよくない。
見るに堪えそうな画像を紹介する。
d0230507_1642242.jpg

d0230507_1644185.jpg

d0230507_164572.jpg

近くにはダイゼンの小さな群れもいた。
d0230507_166015.jpg

また明日もいたらミヤコドリに挑戦してみよう。

川辺2日市は、5日の日曜日は一日中雨が降って、売り上げはさっぱり。
それでも作った分はほとんど売った。
その夜の反省会の焼酎はちょっぴり苦かった。
[PR]

# by minnamiya | 2017-02-07 16:14 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

ソリハシセイタカシギ 3

この季節恒例の蒸し干し大根づくりが一段落着いたので、昨日もソリハシセイタカシギ見に出かけた。
風もない絶好の日和である。
もうこれで滞在10日目となるが、まだいてくれた。
d0230507_10501134.jpg

近くにはいろいろなカモたちがいる。
ヒドリガモ。毛づくろいをしている。
d0230507_10521464.jpg

コガモものんびり。右の少し大きいのはヒドリガモの雌。
d0230507_10542054.jpg

水浴びをしているコガモもいる。
d0230507_1054585.jpg

カワウもくつろいでいる。
d0230507_12405730.jpg

ソリハシセイタカシギはじっとして動かない。
d0230507_1056193.jpg

1時間半近くほとんど同じ姿勢でいたが、動き出した。
慌ててシャッターを押す。
d0230507_10574986.jpg

d0230507_105884.jpg

d0230507_10582549.jpg

d0230507_10585028.jpg

d0230507_1059167.jpg


ウォーキングをする時間になったので、満足して引き上げる。
ソリハシ君ありがとう!
また明日。元気でいろよ。
[PR]

# by minnamiya | 2017-01-26 11:01 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

続ソリハシセイタカシギ

前回の画像がピンボケ等で気に入らなかったので、昨日すごい風と雨の中、ソリハシセイタカシギを探しに行った。
いた!いた!
一昨日と同じ場所にいてくれた。
今度はピンボケをなくそうと機材の手入れを入念にした。
強い風で三脚が倒れそうになる。
おまけに雨も降りだして、カメラに合羽をかぶせて撮る。
d0230507_10353470.jpg

今度はピントはばっちりのようである。
川の水の様子から、風が強いことがわかる。
d0230507_10362636.jpg

d0230507_10364336.jpg

この鳥には、足に水かきがついているのがよく分かる。これは一昨日撮影。
d0230507_10374813.jpg

すごい天気だったが、上手く採れたので満足して引き上げた。
やっぱり昨日も、200枚近く撮っていて、後始末に追われてしまった。
[PR]

# by minnamiya | 2017-01-21 10:42 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

ソリハシセイタカシギ

正月からずっと一昨日まですることがあって、鳥見にも行けなかった。
ようやく昨日いつものフィールドである万之瀬川河口に出かけた。
鳥友から、クロツラヘラサギがいつもいるところにソリハシセイタカシギが来ている、との情報をもらっていたのでワクワクしながら現場に向かう。
この鳥はいつか見たいと思いながら、その夢がかなえられなかった鳥の一つである。
ずっと向こうの砂の上に白と黒い模様の鳥がいる。
d0230507_8571568.jpg

ソリハシセイタカシギだ!
細いくちばしが上に反っている。
d0230507_8591099.jpg

d0230507_8593832.jpg

何かに驚いて飛び立とうとしている。
d0230507_902477.jpg

この鳥だけで200枚以上撮影したのだが、ほとんどがピンボケ。
しかも、100m以上離れているので画像が鮮明でない。
ご容赦あれ。次はばっちりいい画像をアップしたい。
[PR]

# by minnamiya | 2017-01-20 09:02 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

タカの飛翔

今年もいろいろな所に鳥を探しに行った。
秋になると、タカたちの渡りが始まる。
いつもは金峰山にアカハラダカやサシバの渡りを見に行くのだが、今年は違う場所にもいろいろ行ってみた。
蔵多山(枕崎と加世田の境にある)、長屋山、大浦の亀ヶ丘,川辺の土喰(つちくれ)の丘。
この中で一番眺望がいいのは、土喰なのだが、何せ登る道が狭く地元のお茶づくり農家の方の車と遭遇でもしたら離合するところがないので大変だ。
その点、亀ヶ丘は道路が広いので心配がない。
でも、あまり鳥の渡りは期待できない。
それでもいい写真を撮れた。
チゴハヤブサ。お腹が赤いのが特徴。
俊敏に羽ばたく。
d0230507_1675080.jpg

ハチクマ。その名の通り八チを餌にする。スズメバチだって怖くない。
d0230507_1691978.jpg

しばらくすると2羽が頭の上で舞ってくれた。
d0230507_16153967.jpg

来年はまた別な自分だけのポイントを探してみようと思う。
[PR]

# by minnamiya | 2016-12-25 16:19 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

南さつま 冬の鳥

ふるさと便づくりが一段落したし天気も良かったので、鳥見に出かけた。
いつものフィールドである万之瀬川河口にクロツラヘラサギを見に行くが全くいない。
そこで今度は田布施の田んぼに行ってみた。
遠くの電線にいっぱい群れがいる。カワラヒワだ。
d0230507_1924176.jpg

ちかくの畔にはヒバリ。
d0230507_19245229.jpg

しばらく進むと別のヒバリが。
d0230507_19253328.jpg

同じヒバリでも羽の色が異なる。
幼鳥か成鳥かの違いだろう。
めぼしいのがいないので帰ろうかとしていると、チョウゲンボウが杭の上に止まった。
d0230507_19283279.jpg

背中の画像だけでは面白くないと思っていると、道路を隔てたところに止まる。
d0230507_19302160.jpg

飛び出すのを待っていると運よく飛び出してくれた。
d0230507_19312648.jpg

d0230507_19315551.jpg

d0230507_1932212.jpg

カメラを振って撮ったが、何とか撮れた。
満足して帰っていると、また杭の上に別のタカがいる。
ノスリ。喉が黒いのが特徴だ。
d0230507_1935141.jpg

よく探すとそれなりにいろんな鳥が姿を見せてくれる。
今日は暖かいというより、暑いという日だったが、良か1日でゴワシタ。
[PR]

# by minnamiya | 2016-12-21 19:39 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)