垂水の千本イチョウ

21日(土)に大隅半島を訪ねるバス旅行があり参加した。
一番の目的は垂水の千本イチョウである。
これは、中馬さんという夫妻が、約30年の長きにわたり自分の所有する土地4.5haに
イチョウを植林し続けたものである。
今では県内各地から大勢の見物客が訪れている。
見ごろは12月初旬ということだったが、楽しみにして出かけた。
まずは桜島から垂水にわたり、そこの道の駅、ゆったり館に行った。
そこの足湯の長さは日本一とか。
d0230507_198940.jpg

垂水漁港
d0230507_1994732.jpg

建物の屋上には餌を待っているのか多くのアオサギが
d0230507_19105669.jpg

次は、猿ヶ城渓谷へ。ここには垂水市の管理するキャンプ場等がある。
d0230507_19125481.jpg

d0230507_19141536.jpg

こんな巨岩もあった
d0230507_1915887.jpg

千本イチョウ並木。看板が面白い。
d0230507_1920143.jpg

d0230507_19204945.jpg

d0230507_19213778.jpg

d0230507_1923245.jpg

d0230507_19255277.jpg

d0230507_19263577.jpg

d0230507_19282983.jpg

d0230507_1929336.jpg

まだ寒が入っていないため色づきがまだだった。
最後は、福山の黒酢の製造工場に並んだ亀壺。
d0230507_19333343.jpg

千本イチョウまでの行程がわかったので、次は12月に行って見ようと思う。
[PR]

by minnamiya | 2015-11-26 19:36 | ふるさとだより | Comments(0)  

<< 11月中~下旬新聞記事 大根賛歌 >>