1月上~中旬新聞記事

新しい2016年がスタートして早半月が経ちました。
今年も新聞記事を載せたいと思います。
古里で話題になっていること、問題となっていることに目を向けてくださればと願っています。
今年の1日の1面に出ていたのは「2015年旧市町村別の高齢化率」でした。
これを見ればわかるとおり、我が南さつま市の笠沙町が55.2%で高齢化率のトップになっています。
そして、坊津町が48.4%で6位、大浦町が46.1%で8位となっています。
つまり、南さつま市は高齢化率が県内の市では、ありがたくないことにトップになっているのです。
それに伴い介護費用や健康保険税も負担が大きくなっていて、市の財政を圧迫しています。
ですから、南さつま市では「伸ばせ 健康寿命」ということで、様々な取り組みをしています。
例えば、温泉料金の一部負担、社会活動やボランティア活動をした人にポイントをサービスする等の事業を展開しています。
あと10年後はどうなっているのか、考えただけでも怖くなりそうです。
また、最後の記事は、ふるさと納税に関するものですが、今年度末で約3億円ほどになる見込みとのこと。
皆さん、ふるさと納税をどんどんして、南さつま市を盛り上げてください!と叫びたいところです。
それでは、郷土の香りを正月や1月にまつわる行事から感じ取ってください。
d0230507_10172071.jpg

d0230507_10174031.jpg

d0230507_10175940.jpg

d0230507_10181975.jpg

d0230507_10183584.jpg

d0230507_10185394.jpg

d0230507_10191586.jpg

d0230507_10193662.jpg

d0230507_10195421.jpg

d0230507_10201216.jpg

d0230507_10202960.jpg

d0230507_10205226.jpg

d0230507_1021959.jpg

d0230507_10212576.jpg

d0230507_10214180.jpg

d0230507_10215812.jpg

d0230507_10221644.jpg


紙面が縦長であれば割合文字が大きくて読みやすいのですが、読みづらいところは雰囲気だけでも味わってくだされば幸いです。
[PR]

by minnamiya | 2016-01-18 10:26 | ふるさとだより | Comments(0)  

<< ふるさと雑感 12月中~下旬新聞記事 >>