秋の野鳥 3

前回の記事でお知らせした野鳥の生態で初めて撮った画像を紹介する。
25日に田布施の田んぼから、万之瀬川河口に向かっていた時のこと。
河口近くの堂御木橋(どうみきばし)に車を止めて鳥を探した。
ここは必ずといっていいほど、カワセミを見ることができるお気に入りの場所である。
その日もカワセミを見たのだが、木の陰から陰へと瞬時に飛び回り撮影できない。
いつもなら船やロープに止まってくれるのだが、この日は全く駄目である。
ふと下を見るとカイツブリがいる。
d0230507_646068.jpg

カイツブリは潜水が得意で、よく潜ってはエサを探す。
目の前で何回も潜っては浮く。その様子を写すことができた。
d0230507_6485388.jpg

d0230507_6492688.jpg

飛んだり浮かんだりしている姿はこれまでたくさん撮ってきたが、潜っているところは初めてであった。
満足して河口に行くとクロツラヘラサギがいる。
固まって休んでいるので何羽かわからないが、15は超えているようだ。
d0230507_6534462.jpg

砂の上では、オナガガモがのんびり休んでいる。
右端と左から3番目はカルガモ。
d0230507_6551051.jpg

河口ではこのカルガモが一番多い。
d0230507_6582762.jpg

別な場所ではマガモのペアが眠りこけている。。
d0230507_6593311.jpg

近くでは泳ぐペアもいる。
d0230507_703549.jpg

小春日和のゆったりした一日に満足して家に帰った。
[PR]

by minnamiya | 2016-11-28 07:04 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

<< 晩秋の霧島旅行 秋の野鳥 2 >>