タカの飛翔

今年もいろいろな所に鳥を探しに行った。
秋になると、タカたちの渡りが始まる。
いつもは金峰山にアカハラダカやサシバの渡りを見に行くのだが、今年は違う場所にもいろいろ行ってみた。
蔵多山(枕崎と加世田の境にある)、長屋山、大浦の亀ヶ丘,川辺の土喰(つちくれ)の丘。
この中で一番眺望がいいのは、土喰なのだが、何せ登る道が狭く地元のお茶づくり農家の方の車と遭遇でもしたら離合するところがないので大変だ。
その点、亀ヶ丘は道路が広いので心配がない。
でも、あまり鳥の渡りは期待できない。
それでもいい写真を撮れた。
チゴハヤブサ。お腹が赤いのが特徴。
俊敏に羽ばたく。
d0230507_1675080.jpg

ハチクマ。その名の通り八チを餌にする。スズメバチだって怖くない。
d0230507_1691978.jpg

しばらくすると2羽が頭の上で舞ってくれた。
d0230507_16153967.jpg

来年はまた別な自分だけのポイントを探してみようと思う。
[PR]

by minnamiya | 2016-12-25 16:19 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

<< ソリハシセイタカシギ 南さつま 冬の鳥 >>