ふるさと雑感

けんぼうの夢想話

夜空の星

 
 その晩もいつものように寝音楽をしながら床についた

最初のうちは流れる音に耳を傾けていたが そのうち夢のなかに


 闇のなかを幽かな灯りに照らされて誰かやってくる 下半身がばかでかく

それにおなかも大きく突きでている どうやら女の人のようだ 

歩いてくるというよりスゥーという感じで近づいてきた

目を凝らして見ると 可笑しもぜっ 娘さんである

どこかで見たような?  

あっ! ビーナス

そう私は縄文のビーナスでございます

先日あなた様が私どもを訪ねていただき そのお礼にお伺いいたしました

私どもは 諏訪のくに に関心を持たれた人には 

夢の中ですが必ずお礼にお伺いしています 


 7月の末蓼科の友人宅に一晩お世話になったあくる日

友人夫妻から茅野市尖石縄文考古館に案内された

縄文考古館? 

諏訪は縄文の宝庫だという

南さつまにも栫ノ原遺跡をはじめ幾つかの縄文遺跡があるが

あまり身近なものではなく 正面から考えたことはなかった

資料館も石器や土器のかけらが並んでいるだけの退屈なものと思っていたが 

尖石縄文考古館に入り それまで持っていた縄文のイメージが吹き飛んだ 

主に祭祀に使われたという大小の甕 壺 皿が

装飾の施されたものからシンプルなものまで数多く並んでおり

そのどれもが芸術品と呼べるような見事なものである

そして国宝の土偶 縄文のビーナスと仮面の女神 があった


 まだあの時の昂ぶりが残っており ビーナスに諏訪のくに について訊いてみた

ビーナスは

私を作った人々は 陽が昇れば起き森や川や湖にでかけ 

陽が沈むと寝るという毎日でした

そんな暮らしですが 粗末な小屋で火を囲みながら家族の団欒もあったし 

季節ごとに村の祭りもありました

もちろん学校 宿題 会社はありませんので のんびりと暮らしていました

楽しみといえば 夏になると

零れるほどの満天の星が夜空を覆い その中に天の川が 流れ星が

諏訪湖の花火大会以上の眺めだと思います

あなた様のお友達ヒロシ様が文化通りのバカンスでよく歌われる 夜空の星 

あの歌の世界を想像していただいたらよろしいかと思います 

私はものいわぬ人形ですが 生身の娘さんならきっとドキドキとして眺めたことでしょう


そして諏訪のくに の人々がどうなったかということですか


私は長い間土のなかで眠っていましたのでよくわかりませんが

私が作られたのが4~5千年前 それから2千年ぐらい過ぎた頃
西の方から米を食べる人達がやって来て

あっという間に諏訪のくにもその人達に呑みこまれていったようです

私が土の中から目覚めたのが 今から約30年ほど前ですから

その間にはいろんなことがあったのでしょう ……………

何か思っているようで しばらく言葉がなかった

そして気を取り直すかのように

あなた様のなかにも 諏訪のくにの血が流れているのではないでしょうか

よく信州の山に登るということはそういうことかと思います

先日初めてあなた様にお会いしましたが これも何かの縁というものでしょうか

娑婆って 面白いものですね

またいらしてください 今度はあなた様が備前といったあの器に 

諏訪のくにの晴れの日の御馳走を盛り おもてなししますわ 

そしてヤマブドウのお酒もありますので 私がお酌をしてさしあげます

そういいながら 吊り上った細い目でウインクすると消えてしまった


 盆も近いというのに朝早くよりクマゼミのうるさいこと

縄文のビーナスがお酌をしてくれるとは!

また行かなければ      忙しいことだ!

そういえば今日は我が家のビーナスがやってくる
早く飛行場に迎えに行かないと







縄文のビーナス
d0230507_13360662.jpg




仮面の女神
d0230507_13365185.jpg

 


[PR]

by minnamiya | 2018-08-04 13:41 | ふるさと雑感 | Comments(0)  

<< 甲子園球場と神戸中華街 トカラ航路の島々 >>