10月 万之瀬川河口の鳥たち

出水平野にツルが18日にやって来た。
季節は確実に冬に向かっている。
今年の夏の酷暑が嘘のようだ。
あの暑さからすれば、ひょっとして今年は冬が来ないかもしれないと心配したものだが。
ツルが来たとなれば、万之瀬川河口にはクロツラヘラサギがやってくるころだ。
そう思って19日に河口を覗いてみたが、クロツラヘラサギらしき姿は見えなかった。
もっとも、鳥友はその日の午後クロツラヘラサギの飛来をカメラに収めている。
ただしそれは河口には居つかず、次の日からはいなかったそうだ。
砂の上にホウロクシギが5羽いたので、カメラを持って行きサンセットブリッジの中ほどで写真を撮った。
恥ずかしながら、私は5羽ともダイシャクシギとばかり思っていた。
羽色が濃くないし、下腹も白っぽい。
でも鳥友のブログには、ホウロクシギと書いてあった。
飛べば腰や翼の裏が白くて私にでも判別できるのだが、この日は全く飛ばなかった。
まだまだ未熟者だと納得することだった。
エサのカニを咥えるホウロクシギ。
d0230507_08451100.jpg
















面白いポーズをとっている。
d0230507_08445782.jpg
















すぐ近くにはイソヒヨドリの雌がいた。
これはこのサンセットブリッジ辺りで生活している。
d0230507_08442760.jpg
















遠くの流木の上ではミサゴが餌食べに夢中になっている。
この大きさ・姿からして獲物はチヌかな?
d0230507_08441665.jpg
















カモもやって来ている。
d0230507_08435912.jpg
















この冬にはどんな出会いがあるのだろう。
少し期待してもいいかな。

[PR]

by minnamiya | 2018-10-27 09:25 | Comments(2)  

Commented by ハッスルブレッド at 2018-10-27 18:11 x
ご無沙汰しております。 こちらも、ムギマキをまだ見ておりません。 
出水のツルさんは、クロヅルをと 願っています。
Commented by minnamiya at 2018-10-28 10:45
> ハッスルブレッドさん
近くの山にムギマキやマミジロが見られないか通っていますが、いつも空振りだけです。
そのうち撮れたらいいのですが・・・・。

<< 思い出の南薩線展示会 大浦干拓の鳥 >>