カテゴリ:ふるさとの野鳥( 103 )

 

夏の悪石島へ行って

久しぶりにブログに投稿している。
前回アップしたのは5月5日だったから2か月以上ぶりである。
前回投稿したまさにその日夕方に母が亡くなった。
享年100歳の大往生だった。
母の入院がなければ、5月7日発のフェリーで悪石島に行くことにしていた。
4月に島に行ったとき、ほとんど成果がなかったのでリベンジするつもりで計画したのだったが、結局行けなかった。
そのため、あまり期待できそうにもないが、7月の連休を利用して行ってみたのである。
4月に新しいフェリーが就航してから、島に着く時刻が早くなった。
ちなみに、帰りは午後6時前に鹿児島港に着いた。
こんなことは今までにはないことだった。
前置きが長くなったが、着いて早速あちこち見て回るが予想した通り鳥の声や姿が少ない。
1日目に撮影できたのは、わずかこのセッカだけ。
でも自分にとっては初めての撮影となった。
d0230507_11253803.jpg
















d0230507_11252758.jpg
















2日目、金山と呼ばれる神社のある所で撮ったアカヒゲの雄と雌。
雄はピンボケしているが、この1枚しか撮れなかった。
d0230507_11250417.jpg
















d0230507_11244906.jpg
















島の北側にある大峰牧場で撮ったアカコッコ。
アカコッコはここトカラ列島と伊豆諸島のみに生息する日本の固有種の鳥である。
上は雄、下は雌のようである。
d0230507_11240836.jpg
















d0230507_11243013.jpg
















母の四十九日も済み、少し余裕ができてきたのでまた投稿していきたい。

[PR]

by minnamiya | 2018-07-18 12:22 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

2018 4月 悪石島の野鳥 3

5月になったが、4月悪石島に行った折の画像3回目。
最後の日に大きな群れを見たが、群れは撮れなかったコムクドリの雄と雌の画像。
d0230507_07374687.jpg
















d0230507_07373676.jpg
















たった1羽ずつだけいたアマサギとチュウサギ。
d0230507_07355999.jpg















d0230507_07355191.jpg
















最後はツバメ
最初は少なかったが、日が経つにつれ増えてきた。
右から4番目はお腹が赤いので亜種アカハラツバメのようであるが?
d0230507_07353747.jpg













[PR]

by minnamiya | 2018-05-05 07:53 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

2018 4月 悪石島の野鳥

前々回の時、ほとんど鳥がいなかったと書いたが、それでも野鳥を少しは撮ってきた。
1日目の画像はこれだけ。
車のエンジンが切れなかったのでぼけてしまったズアカアオバト
d0230507_13295534.jpg
















2日目画像
電線にひしめき合うコムクドリたち
島滞在5日目には100羽以上の群れを見たが撮れずじまい
d0230507_13303351.jpg
















普通のハクセキレイ
第1回夏羽と思われる
d0230507_13304445.jpg
















道路の上のえさを必死で呑み込もうとするイソヒヨドリ
d0230507_13305965.jpg















[PR]

by minnamiya | 2018-04-24 13:37 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

悪石島へ行って

予定通り9日(月)、新しいフェリ-としま2でトカラ列島の悪石島へ野鳥を探しに行った。
結果は・・・・。
全くと言っていいほど野鳥たちがいなかった。
バーダー憧れの地お隣の平島に行った知人からも、こんなに鳥たちがいないことは初めてだと電話があった。
こちらでも渡りの鳥たちを見ることは少ないが、県内あちこちでもそのようだ。
とにかく期待が外れたが、これも自然のなすこと。
こんな年もあるのかもしれない。
5月に期待したいと思う。
今回は新しいフェリ-と島を紹介する。
就航4回目のフェリーとしま2.
d0230507_12522795.jpg

















d0230507_12521892.jpg

















車などはこのように鉄板を斜めに岸壁につけて中に運び入れる。
d0230507_12520695.jpg

















航路のルートを表示している。
d0230507_12515450.jpg

















悪石島に着岸したフェリー。
船体が大きくなって余り揺れを感じないし、速度も速くなった。
d0230507_12513033.jpg
















列島で一番大きい中之島遠景。
d0230507_12510835.jpg

















活発に噴火する諏訪之瀬島。
d0230507_12510073.jpg

















諏訪之瀬島と平島から見る我が第2の古里悪石島。
d0230507_12505018.jpg

















d0230507_12503528.jpg

















次回は島でご馳走になった画像を紹介したい。

とにかくトカラは何にもなさそうだが、最後の秘境と何処かの宣伝に書いてあったが魅力のある列島である。
機会があれば是非一度行ってみたらどうだろう。
ただしゆったりとした日が取れないとだめだが。
時化て、帰れないこともしばしばあるからだ。

[PR]

by minnamiya | 2018-04-21 13:22 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

トカラへ

明日の夜出港する船でトカラへ行く。
その船はこの4月に就航したばかりのフェリーとしま2だ。
というわけで第3回目の出航となる。
どんな船なのかよくわからないが楽しみだ。
今のところ天気予報ではそんなに悪天候でもなさそうだ。
どんな鳥たちとの出会いが待っているのかと想像するだけで、胸が高鳴る。
去年出会った鳥たち。
上からキガシラセキレイ、ヤツガシラ、キビタキ、キタツメナガセキレイ。
帰ってきたらまた鳥たちを載せたい。
d0230507_13260162.jpg
















d0230507_13255116.jpg
















d0230507_13254275.jpg
















d0230507_13252984.jpg
















それでは行ってきま~す。

[PR]

by minnamiya | 2018-04-08 13:36 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

メンガタハクセキレイ

3月下旬になり天気がやっとよくなった。
今頃は野間池のあたりには変わったハクセキレイがやって来る。
6年前3月24日に撮影したこのハクセキレイは今まで見た中で最も変わっていた。
d0230507_14261444.jpg
















図鑑で調べたら顔の様子から、どうもネパールハクセキレイっぽい。
後で鳥友に何人か尋ねて、メンガタハクセキレイとわかった。
ネパールハクセキレイは背中が灰色ではなく黒色だ。
とにかく超珍しいので何枚も撮りまくった。
正面から見た顔。
昔の侍のひげみたい。
d0230507_14254868.jpg


















左と右を向いた写真。
d0230507_14244831.jpg
















d0230507_14242434.jpg


















鳥友の一人は翌朝わざわざ出水市から来て撮影できたとのこと。
25日の昼にはどこかへ旅立ちもう2度度姿を見せることはなかった。
我が国ではおそらく10回くらいしか観察されていないと思う。
こんなラッキーなことも足しげく通えばあるものだと実感した。
トカラの悪石でも見てみたいものだ。

[PR]

by minnamiya | 2018-03-26 14:40 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

ヤマガラ

親戚の方にモズの写真がほしいと頼まれて探していたら、2013年3月15日に撮影したヤマガラの画像が出てきた。
このときは、70-200ミリのレンズにに1.4倍のエクステンダーを付けて撮影した。
解像度が落ちるかと思ったが、案外綺麗に撮れている。
巣材を運んだりお辞儀をしたりしてなかなかにかわいい。
d0230507_17011118.jpg
















d0230507_17004454.jpg
















d0230507_17012552.jpg
















もっと70-200ミリのレンズも使ってみようと思うことだった。

[PR]

by minnamiya | 2018-03-20 17:13 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

風の強い日

北風の強い日だった。
風は冷たいが、いろいろの花が咲き始めている。
小湊の紫モクレン。
d0230507_15234654.jpg



























益山の白モクレン。
d0230507_15233509.jpg
































鳥見に出かけたがとにかく風が強い。
益山の田んぼにはミヤマガラスとマミジロタヒバリがいるくらい。
マミジロタヒバリはホトケノザに囲まれていた。
d0230507_15123252.jpg
















d0230507_15122395.jpg















野間池まで足を延ばしたが覗いている双眼鏡が揺らぐ始末。
海にはカツオドリやカモメ類が飛んでいたが強風のためとても撮れない。
海岸には変わったハクセキレイがいたようだったが撮れなかった。
駐車場の所にビンズイとムクドリがいただけだった。
d0230507_15120709.jpg
















d0230507_15115281.jpg















もうすぐすると田んぼの畔にヒメコウテンシなどが来るかもしれない。
それを期待して待とうと思う。

[PR]

by minnamiya | 2018-03-09 15:40 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

久しぶりに鳥見

なかなか鳥見に行けなかったが、今日やっと出かけてみた。
最初大浦干拓へ行った。
目ぼしいのはコチドリ君くらいだった。
まだ若鳥だ。2枚目ののが少し早く生まれたのかな。
d0230507_14404202.jpg
















d0230507_14403279.jpg
















次は万之瀬川河口の中之島へ。
いつものように三脚なしでカメラにレンズを付けて向かう。
野鳥観察の小屋から覗くとオナガガモがいる。
数えると38羽もいた。
d0230507_14402114.jpg
















いつもの場所ではのんびりとクロツラヘラサギが17羽休んでいた。
d0230507_14401230.jpg
















お目当てのキクイタダキには今日も会えずじまいだった。

[PR]

by minnamiya | 2018-02-23 14:59 | ふるさとの野鳥 | Comments(1)  

万之瀬川河口 中之島の鳥たち

8日、双子池付近で鳥見をした後、万之瀬川の河口へ行った。
途中、新しく築かれた堤防の南斜面に、クロツラヘラサギがいないか覗いたがこの日はいなかった。
対岸の石を積み重ねたあたりに白い塊が見える。おそらくクロツラヘラサギだろう。
先日鳥友から、中之島の松の木にキクイタダキがいることを教えてもらっていた。
そこで、キクイタダキもカメラに収めようと思い、キャノン400ミリF2.8のレンズをEOS 7DMarkⅡにつけ三脚なしで撮影に向かった。
中之島に向かう途中、サンセットブリッジの下には、オナガガモのペアが泳いでいた。
d0230507_11110620.jpg
















クロツラヘラサギは、2羽と15羽の二つに分かれてたたずんでいた。
d0230507_11115077.jpg
















d0230507_11500984.jpg
















キクイタダキを探すが見つからない。
そのうち、目の前にメジロが現れてくれて思う存分撮らせてもらった。
そのうちの1枚。
d0230507_11102907.jpg
















前述したように、手持ちで撮ったので、ピンボケや被写体ボケ(メジロがせわしなく動くので)の写真が多かったが、何枚かはいいのが撮れた。
メジロ君のアクロバット的な画像はこの次に。

[PR]

by minnamiya | 2018-02-11 11:45 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)