<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

12月中~下旬新聞記事

今年もあと7時間足らずで終わり。
来年2015年はどんな年になるのやら。
今年最後の新聞記事です。ふるさと鹿児島の歳末気分が感じられるでしょうか。
d0230507_17103572.jpg

d0230507_17105112.jpg

d0230507_17111015.jpg

d0230507_17113394.jpg

d0230507_17114848.jpg

d0230507_1712890.jpg

d0230507_17122373.jpg

d0230507_17123756.jpg

d0230507_17125231.jpg

d0230507_1713870.jpg

d0230507_17132654.jpg

d0230507_17141311.jpg

d0230507_17142743.jpg

来年はどんな記事が紹介できるでしょうか。
どうぞ皆様良いお年を!
[PR]

by minnamiya | 2014-12-31 17:16 | ふるさとだより | Comments(0)  

12月上旬の新聞記事より

今年も残りが4日となりましたが、皆様お元気ですか。
12月になってふるさと便つくりに追われ、新聞の切り抜きも思うようにできず上旬の記事を載せます。
31日までには下旬まで載せたいと思っていますが、果たしてできるかどうか・・・・。
ではどうぞ。6枚目には同級生前園君が出ています。
d0230507_7102877.jpg

d0230507_7105046.jpg

d0230507_711970.jpg

d0230507_7113025.jpg

d0230507_711519.jpg

d0230507_712109.jpg

[PR]

by minnamiya | 2014-12-28 07:14 | ふるさとだより | Comments(0)  

ふるさと雑感

けんぼうの夢想話

タヌコ

私はこの数年ふとした折に 1日に何回も  タヌコ  という言葉が出てくる
タヌコは我が家の猫の名前である
11年余り前   産まれて直ぐに捨てられていた  5匹の子猫のなかの1匹で  
毛の色からタヌキに似ていたので  タヌコという名になった
タヌコは  左右の足の色が違っていたり  尻尾がカギ型に曲がっていたりと
それまで見たことがないような  ちんちくりんな 醜い猫であった
ほかの4匹はそこそこに可愛いかったので  貰われたりしたが  
一番見てくれの悪いタヌコだけが残った
我が家に来てタヌコを見ると  誰もが  おぃよ  いう表情をする
そんなタヌコだが  人懐こくひょうきんなオテンバ娘で
我が家のアイドルであり  家族の一員であつた
そのタヌコが先月 旅立って行った
庭の隅に埋めてやりながら  次から次へと涙が溢れてきた
自分のどこにそんな涙があったのか  不思議なきがしたが
あらためて タヌコの存在の大きさに気がついた
いつもそばにいて 戯れていたタヌコがいなくなり
ぽっかりと大きな空洞が空いたような毎日である
仕事が終わって家に帰り タヌコと呼ぶけど もう走ってはこない
それでも私はこれからも 1日に何回も タヌコ タヌコ ということだろう



d0230507_9293423.jpg





d0230507_174571.jpg
[PR]

by minnamiya | 2014-12-14 10:29 | ふるさと雑感 | Comments(0)  

五木村に行ったよ

11月中旬に機会があり熊本県の五木村へバスで出かけた。
今年はこちらは紅葉(黄葉)があまりきれいではないが、五木村も同じだった。
五木村と言えばまず思い出すのが、「五木の子守唄」。
この歌は、子どもを寝かせつける意味の子守唄ではなく、子守奉公に行かざるを得なかった貧しい娘たちのことを歌ったものである。今では約70の歌詞が残されているそうである。
よく知られている歌詞以外にこんな歌詞が残されている。
 山を越え越え 使いに来たが 芋のひとつも くれはせぬ
 ねんねした子の 可愛さ むぞさ 起きて 泣く子の つらにくさ
 おどんが お父っぁんな あん山ぁおらす おらすと思えば行こごたる
もう一つ五木村が知られているのは、川辺川ダムのことである。
国の方針で川にダムをつくる計画を進めこれまでに約2千億円のお金をかけたにもかかわらず、工事は中止に追い込まれてしまっている。川の近くにあった集落は全部高台に移転はしたが、ここも過疎化の波に飲み込まれている。なんとずさんな計画だったことか。
そんな五木村の写真を紹介する。
まず道の駅からの風景。
d0230507_10444867.jpg

d0230507_10452979.jpg

d0230507_1046378.jpg


次は宮園の大イチョウ。ここの黄葉はみごとだった。
d0230507_10471066.jpg

d0230507_1048462.jpg

d0230507_1049633.jpg

d0230507_1049308.jpg

d0230507_10494956.jpg


次は「五木の子守唄」を聞かせてくれた古民家とその日あったお祭りの中の踊り。
d0230507_10521922.jpg

d0230507_10524883.jpg


最後に行った人吉の阿蘇青井神社。ここの建物は国宝に指定されている。
ちょうど菊祭りが開催されていた。3人娘も菊に負けじと。
d0230507_10543597.jpg

d0230507_10551221.jpg

d0230507_10561280.jpg

d0230507_10574130.jpg


それではまた。
忘れていました。この写真に写っている香さんは霧島市へ移転するとのこと。
加世田がさびしくなります。
[PR]

by minnamiya | 2014-12-08 11:02 | ふるさとだより | Comments(0)