<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

垂水の千本イチョウ

21日(土)に大隅半島を訪ねるバス旅行があり参加した。
一番の目的は垂水の千本イチョウである。
これは、中馬さんという夫妻が、約30年の長きにわたり自分の所有する土地4.5haに
イチョウを植林し続けたものである。
今では県内各地から大勢の見物客が訪れている。
見ごろは12月初旬ということだったが、楽しみにして出かけた。
まずは桜島から垂水にわたり、そこの道の駅、ゆったり館に行った。
そこの足湯の長さは日本一とか。
d0230507_198940.jpg

垂水漁港
d0230507_1994732.jpg

建物の屋上には餌を待っているのか多くのアオサギが
d0230507_19105669.jpg

次は、猿ヶ城渓谷へ。ここには垂水市の管理するキャンプ場等がある。
d0230507_19125481.jpg

d0230507_19141536.jpg

こんな巨岩もあった
d0230507_1915887.jpg

千本イチョウ並木。看板が面白い。
d0230507_1920143.jpg

d0230507_19204945.jpg

d0230507_19213778.jpg

d0230507_1923245.jpg

d0230507_19255277.jpg

d0230507_19263577.jpg

d0230507_19282983.jpg

d0230507_1929336.jpg

まだ寒が入っていないため色づきがまだだった。
最後は、福山の黒酢の製造工場に並んだ亀壺。
d0230507_19333343.jpg

千本イチョウまでの行程がわかったので、次は12月に行って見ようと思う。
[PR]

by minnamiya | 2015-11-26 19:36 | ふるさとだより | Comments(0)  

大根賛歌

先日大根葉のことが出ていた。
漬物がうまいと。
確かにうまい。
我が家では、毎年10月初めになると、毎朝夕の食卓に大根葉の漬物が上る。
山妻はこれを「もんでこん」と呼ぶ。
食の進むこと。
夜はこれが焼酎のつまみになる。
小さい大根葉もいいが、大きな大根葉も捨てがたい。
1月になり、蒸し干し大根をつくる時期になると、大根葉の炒め物が食卓をにぎわす。
根は蒸し干し大根に、葉は炒め物になるわけである。
大好きな作家、池波正太郎のエッセーの中に、ある日の午後蕎麦屋に入ったら、酒の肴にそこのおかみさんが大根葉の炒め物を出してくれたことが書かれている。おかみさん曰く、酒飲みにゃこんなのが体にいいと。
それを真似したわけではないが、自分でも時々作ってみる。
シラスを炒めてから湯がいた大根葉を炒め、だしで味付けし、ごま油、ゴマ、鰹節を加えさっと炒めて出来上がり。
焼酎が進む。山妻は怒る。
今年は11月下旬だというのにまだ暖かく、一部では白菜や大根などの冬野菜がくされてきているらしい。
このままいくと、蒸し干し大根や炒め物が食べられなくなるかもしれない。
9月下旬に種まきした大根が大きくなってきた。
d0230507_15196100.jpg

d0230507_15192573.jpg

今のところまだ大丈夫そうである。
蒸し干し大根は、一度カラカラに乾燥させたものを蒸してから再度干して出来上がりになる。
冬の天気のいい日が続かないとできない。
家のベランダは大根だらけとなる。(写真は今年1月のもの)
d0230507_15244947.jpg

d0230507_15251097.jpg

やはり冬は冬らしく寒くないと自然界のいろいろなところでゆがみが出てくる。
うまい大根葉、蒸し干し大根を食べることを楽しみにしておこう。
それに、山太郎がに鍋の大根も。
[PR]

by minnamiya | 2015-11-20 15:42 | ふるさとだより | Comments(0)  

海上交流のルートを巡る小さな旅

昨日で第30回国民文化祭・鹿児島2015が終わったが、県内至る所で多彩な行事が催された。
ここ南さつま市では、10日と11日に「海上交流のルートを巡る小さな旅 海上散策!」と銘打った行事があり11日ののに参加した。
10日はあいにくの時化で、坊の港から秋目までの船旅は中止されたとのことだったが、11日は予定通り船旅があった。
まずは、坊の風景。
d0230507_1333749.jpg

有名な双剣石の遠景。船が揺れてピンぼけしている。
この風景をあの有名な浮世絵師歌川広重も描いている。
d0230507_1361819.jpg

見る位置によっては奥の野間岳はこんなに見える。
d0230507_13153940.jpg

大浦の亀ケ丘を望む。
d0230507_13193917.jpg

上に鑑真記念館が見える。
d0230507_13255762.jpg

秋目集落の遠景。
d0230507_13202462.jpg

ここ秋目では、1967年、映画「007は二度死ぬ」の撮影が行われ大変なにぎわいだったそうである。
その映画に出てくる沖秋目島(通称枇榔島)の洞窟。
映画の設定では、この洞窟が霧島に通じていたとか。
d0230507_13242771.jpg

鑑真渡来記念碑と像。
d0230507_1330933.jpg

d0230507_13303288.jpg

秋目から冲を眺める。
d0230507_13313078.jpg

集落にあるアコウの大木。
d0230507_13321617.jpg

猫がくつろいでいた。
d0230507_1332556.jpg

測量士伊能忠敬が泊まったといわれる網元の宮内邸の門柱。
彫りが施されている。
d0230507_133685.jpg

漢方医の坂本邸の庭、蔵、階段。
d0230507_13424045.jpg

d0230507_13375062.jpg

d0230507_1338813.jpg

d0230507_13382824.jpg

歩き疲れた後の食事。刺身がコリコリして、漁師鍋もうまかった。
ビールがあれば最高だった。
d0230507_13441414.jpg

今回初めて秋目を散策したが、古い建物や情緒ある路地などいつかゆっくりと歩きたいと思わせるものを持っていた。
[PR]

by minnamiya | 2015-11-16 13:50 | ふるさとだより | Comments(0)  

11月上旬新聞記事

「本物。鹿児島県~文化維新は黒潮に乗って~」をテーマに「第30回国民文化祭かごしま2015」が10月31日から開始された。
オープニング会場となった鹿児島アリーナでは、総勢1320人が出演し、種子島、奄美大島の3会場を生中継で結び、多彩な演出のもと盛大に開催された。
悪石島の知り合いも2人出演し会場を盛り上げていた。
この31日を皮切りに、今月中ごろまで各地でいろいろな催しが開かれる。
というわけで、今回の記事にはこの国文祭関係の記事をいくつか載せてある。
中には、門外不出のトカラ列島悪石島の仮面神ボゼの写真も出ている。
また、7日(土)には、南さつま市制10周年の行事が開かれた。
その記事もある。
それでは、とくとご覧あれ。
d0230507_6425754.jpg

d0230507_6431666.jpg

d0230507_6433656.jpg

d0230507_644247.jpg

d0230507_6442468.jpg

d0230507_6444175.jpg

d0230507_645025.jpg

d0230507_6451962.jpg

d0230507_6454079.jpg

d0230507_6461440.jpg

d0230507_6463239.jpg

d0230507_6465999.jpg

d0230507_6471952.jpg

[PR]

by minnamiya | 2015-11-12 06:53 | ふるさとだより | Comments(0)  

ふるさと雑感

けんぼうの夢想話

大根葉

この一週間毎日行っていることがある 大根の間引き菜で漬物をつくることである
母がつくっていた さえん畑 を 荒らさないようにと 
10月の後半に 大根の種をまいた 
畑仕事には慣れていないが 母のやっていたことを思い出しながら
堆肥と石灰をまき 鍬で耕し畝をつくる 
近くのスパーから 大根の種を買ってきて
袋の裏側に書かれている通りに 種をまいた
10月は晴天続きで 夕方は水をやり 待つこと20日あまり
その大根が間引きする時期になった
間引き菜を水洗いし 日陰でしなっとなるまで干す 
それを軽く揉み 塩をふり 重しをのせて一晩おくと 
あくる日は立派な漬物になっている 
それをきざみ 少々醤油で味をつけ鰹節をのせる 
朝のお茶を飲む時の漬物である
自分で育てた大根葉 もちろん無農薬
やや苦みのきいた大根葉特有の食感がたまらない
お茶うけだけでなく 炊き立ての新米にかけ 食べるということなし
ぜひ時間と余裕のある方はお試しを

d0230507_942048.jpg


d0230507_945877.jpg


d0230507_952354.jpg

[PR]

by minnamiya | 2015-11-10 09:06 | ふるさと雑感 | Comments(0)  

第28回43卒あうち会同窓会<沢山の想い出を創り成功理に終了>

第28回43卒あうち会同窓会 報告

晩秋の候、同窓生各位にはお変わりなく、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。(またまた所用でブログ掲載が遅くなりました。ゴメンナサイ!>

さて当日は、我等が同窓会〔通算3回目の宿泊同窓会:リゾートホテル ウェルネスの森 伊東〕に、多数の参加を賜り、有難うございました。
今回は、Uターン帰省される本坊君の壮行を兼ねての同窓会でしたが、まるで男子高の同窓会でした。 それでも鹿児島からフライトで来られた、高校卒業以来初参加の内田純郎君、常連参加の福田幸三君、飛び入り参加の下舞博君(ホテル受付にて来館されていることを伺いビックリ! 有難いことです。)等を含め13名の参加。

宿泊同窓会と云うことも有り、温泉に浸り、美味しい食事を頂き、部屋に戻り寛いだ雰囲気で談笑、想い出に残る同窓会となりました。

また、門園君が恩師荻迫先生のホールインワン&エイジシュートを聞き付け、本会からお祝いを贈ることとなり、後日談にも繋がることとなりました。
出来るだけ多くの画像にてご報告させて頂きますので、ご覧くださいませ。

今後とも、歌舞伎鑑賞を兼ねた同窓会、高尾散策と料亭会食を兼ねた同窓会等、同窓生に歓ばれる集いを企画して参りますので、奮ってご参集ください。

最後になりましたが、本会の開催に当たり、ご尽力を賜りました門園君、染川君へ御礼を申し上げると共に、今後ともご協力の程、宜しくお願い申し上げます。
43卒あうち会の合言葉、”こいからじゃっど”を祈念に、健康寿命を全うして参りましょう!

以下、画像説明と共に、ご覧ください。

当日は快晴、十国峠からの眺め
d0230507_746201.jpg

d0230507_7481361.jpg

腹へったぞ! 飲ん方は次の席で・・
d0230507_7543962.jpg

初参加の内田純郎君
d0230507_7564891.jpg

さぁ~ 飲むぞ!
d0230507_7584257.jpg

下舞博君 飛び入り参加には驚いた!
d0230507_804154.jpg

福田君・門園君・染川君・岩井田君の常連組
d0230507_825370.jpg

池田君 明日は川奈ホテルゴルフ 気にかかる
d0230507_851330.jpg

畑添君 今回カラオケは?
d0230507_865055.jpg

有馬君 常連仲間入り
d0230507_88160.jpg

本坊節も最後 10月から鹿児島Uターン
d0230507_893323.jpg

いつ果てるともなく延々と・・
d0230507_8103865.png

今回は男子校でした
d0230507_813516.jpg

川奈ホテルゴルフには女神と悪魔がいた?
d0230507_8152537.jpg

箱根駅伝記念館にて
d0230507_8164292.jpg

荻迫先生を祝う会(ホールインワン&エイジシュート達成記念)
d0230507_8191838.jpg

喜入れカントリークラブに集った恩師と同窓生
d0230507_8213781.jpg

先生 200Yのナイスショット
d0230507_8235359.jpg

良く肩が回り、左足の壁が出来たフィニッシュ
d0230507_826947.jpg

深海君・山下君・前田君 是非、43卒あうち会にも顔出しを!
d0230507_832480.jpg

山下あうち会会長より記念品贈呈
d0230507_8335279.jpg

意気軒昴なスピーチに満場笑いの渦
d0230507_8355789.jpg

エイジシュートの秘訣は常にゴルフを意識する
d0230507_8372546.jpg

お祝いの会に出席した面々 楽しい祝宴でした
d0230507_8421076.jpg


[PR]

by minnamiya | 2015-11-09 08:51 | 加高43年卒あうち会 | Comments(0)  

故郷体験の旅

宮崎カーフェリーの格安チケットを手に入れたことから関西の3人(さーのい、正明、定夫)が六泊七日(船中泊二日)でカライモ掘り?に帰省しました。何とかが三人も寄れば楽しくも
セガらしか珍道中となりました。10月28日夕方、神戸の夜景を見ながら乗船
d0230507_21532840.jpg

d0230507_21542262.jpg
船室に入り荷を解き早速に大浴場に向かいのんびりと過ごして部屋に入るといやな予感、誰か部屋を間違っているらしいなんと間違っているのは我々で皆さんに平身低頭、老眼の奴が老眼鏡を掛けずに見たら6が8に見えたよう。気を取り直してラウンジで酒盛り、酔うほどに隣に居た二組のご夫婦とも話が弾み聞くと小林市に同窓会で帰ってきたとのこと74歳とのことだったが100キロあった体重が病気で半分になったひと、片や悪いところが全く無いひと、、それでも皆さんとても元気な先輩たちだった。

10月29日 朝、間もなく宮崎港に着岸という時、財布が無かと大騒ぎ結果はとんでもないところになおし込んでいた。上陸すると空は真っ青、一路加世田を目指して高速道路をひた走り途中 幸三を拾うため鹿児島に寄り昼過ぎに加世田に着き、先ずは故郷で昼食をと万世の萬来ラーメン店で人気のチャンポンを 美味しかった
d0230507_21571896.jpg
 
d0230507_2158366.jpg
夜は吉祥で十数名でのミニ同窓会その後さらに二軒をはしごして楽しい時を過ごしました。

10月30日 今日はカライモ掘りでもしようかと思っていたが朝から雨模様、残念じゃっねそいじゃ温泉でもいっがと言いつつ健次のところに寄ったのが悪かった。イッ子さんがカライモを持ってきたのを見た健次がお前たちカライモ餅食べさすっで(暗に手伝えと言っている?)しゃーなか、初めてのカライモの皮むき体験をして
後は知らんど早よ温泉にいっがと車に乗ろうとしたら健次が三時頃には戻ってきて手伝えと、わかったと言いながらも、そそくさと枕崎の温泉へと向かった。
d0230507_220588.jpg
天気が良ければこんな夕日が
d0230507_2202468.jpg

温泉では切符を買った釣り銭が出らんとワイワイガヤガヤ、そしたら受付のお姉さん(我々よりちょと歳下)がどこから来たのですかと京都の田舎 城陽市って知らんやろーうなと言ったら知っていますと、よくよく聞くと大阪にいたことがあり懐かしいと云う。この後、さーのいがしゃべりまくって聞いたところではご主人が我々と同級生とのこと、さあ健次が待っちょっで帰っが。渋々と一時間遅れで帰って見よう見真似でカライモ餅作りを手伝い、つまみ食いすると又格別の美味さだった。何時も作って送ってくれているイッ子さんたちの苦労を少しはわかったような気がした。

10月31日 健次が今日は野間岳に行ってコーヒーを飲ますっでと言っていたので幸三を迎えに行くと俺は行っがならんどとわめいちょっ。結局、金峰山に登ることになった。登と聞けば登山かと思うが実際は九合目くらいまで車でのドライイブ、あとの頂までは20分くらいの登りだったが日頃の運動不足がたたりやっとのことでたどり着いた。頂上に立てば素晴らしい眺望、吹上浜、桜島、開聞岳、野間岳、長屋山と大パノラマが、そして何よりも嬉しい冷えたビールで乾杯つまみは山男 健次特製のピーマン炒めに味噌ラーメン、そして締めはドリップコーヒーと本当に美味しかった。
d0230507_14124568.jpg

d0230507_229718.jpg

d0230507_2293962.jpg
d0230507_2295683.jpg

d0230507_22101021.jpg


11月1日 いよいよ明日は帰る日、連日の宴会疲れで今日は飲まんぞと朝は思っていたが、とくにやることもなく、やっぱり飲むしかなかった。

11月2日 故郷とも当分おさらば、一抹の寂しさを感じながらも宮崎日南の飫肥城を目指して出発となった。鹿児島から乗せてきた幸三はさーのいが80キロの幸三を乗せるよりカライモ80キロを積んだがましとの事でバスで帰るそう、鹿児島に寄らんかったおかげで3時間弱で飫肥に着いた。、飫肥は以外にも風情のある街でビックリ武家屋敷の門構え、石垣、漆喰塀が街のあちこちにあり知覧の武家屋敷などと同じく重要伝統的建造物群保存地区になっているそう。またこの町の名物は厚焼きたまご、飫肥天ぷらだそうで昼飯の代わりに味わってみたが厚焼きたまごはまったくのお菓子、スイーツだった。天ぷらは豆腐が多く入ったつけあげって感じだった。
d0230507_22131340.jpg
d0230507_22133046.jpg
d0230507_22134589.jpg

腹が一応満たされたので次の観光地、小学校の修学旅行で行った日南海岸、青島へと向かった。ところが今では海岸を通らない道路がありそっちに行ってしまってとうとう一番きれいな場所は通らんまま青島にたどり着いた。宮崎は昭和40年代、新婚旅行のメッカといわれていたが青島神社の様子を見ると今でも結構カップルがいるわ。
d0230507_22143393.jpg
d0230507_22144863.jpg

誰かが言った次は他んひとと新婚旅行にくっがと、誰いとは言われんばいと話をしてたら
おいおいどこいっとか、もうちょっとで逆走すっとこいじゃた。はよ気づいて認知症ドライバーの逆走事故にならんで良かったねってこともありました。いよいよ九州ともお別れ、フェリーに乗ったら今度は部屋を間違わんように念入りにチケットを確認OK、船内では帰りに会った小林に帰省した人たちとバッタリ、またまた夜中までの語らいとなった。翌11月3日朝8時ごろ神戸に着き旅の終わりとなりました。今回の旅では多くの同級生の皆さんにお世話になりました。特にミニ同総会に参加してくれたひと、毎晩付き合ってくれたひと、毎晩お邪魔した吉祥の大将本当に有り難う次回帰った時もよろしくお願いします。暇なひと、いつでも良いですよ関西にも遊びに来て下さい。待っちょでネ
[PR]

by minnamiya | 2015-11-07 22:19 | 同窓だより(京都) | Comments(0)  

10月新聞記事

11月になりました。
ここ2,3日急に寒くなりました。
黄葉や紅葉が美しくなることでしょう。
一挙まとめて10月の新聞記事です。
d0230507_10131899.jpg

d0230507_10133619.jpg

d0230507_10135724.jpg

d0230507_10144226.jpg

d0230507_10145994.jpg

d0230507_10151431.jpg

d0230507_10153222.jpg

d0230507_10154963.jpg

d0230507_10161377.jpg

d0230507_10163419.jpg

d0230507_10165324.jpg

d0230507_10172358.jpg

d0230507_1018521.jpg

d0230507_1019155.jpg

d0230507_10194049.jpg

d0230507_10205100.jpg

d0230507_10202746.jpg

d0230507_10205216.jpg

d0230507_1021972.jpg

[PR]

by minnamiya | 2015-11-01 10:21 | ふるさとだより | Comments(0)