新春の鳥たち

今年の正月は寂しい正月だった。
昨年2月に長兄が、5月に母が亡くなったからだ。
それでもやっぱり元旦から酒を飲み、酔っぱらった。
今日やっと天気も良かったので久しぶりの鳥見に出かけた。
場所はいつものフィールド金峰町の田んぼらへんだ。
昨年川沿いの木にオオタカがいたので今年もいるかと行ったがいない。
その木にはモズが止まってくれた。
d0230507_16413558.jpg
















少し行くとスズメたちがたくさんいた。
距離が近すぎるので少ししか映らない。
d0230507_16412045.jpg
















田んぼに出るとツグミが飛び出した。
今シーズンは冬鳥が少ない。
今季初めてのツグミだ。
d0230507_16410878.jpg
















排水機場の近くの溝にはクサシギがいた。
越冬しているのだろう。
d0230507_16405501.jpg
















堤防に車を乗り入れると、何かが飛んで竹に止まった。
カワラヒワだ。
でも少し大きい気がした。
頭やお尻が灰色っぽいので、亜種オオカワラヒワかもしれない。
d0230507_16404065.jpg
















本日はここまで。
残りは次回に。

# by minnamiya | 2019-01-06 16:55 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

思い出のクロツラヘラサギ画像

このところふるさと便づくりに忙殺されてい、おまけに天気が悪いので鳥見に行けなかった。
そこで今回は以前撮った写真で、ブログにアップしていないのを紹介したい。
これは2013年4月28日に撮ったものである。
レンズはキャノンの70-200ミリf/4に1.4倍のエクステンダーを装着して撮った。
4月も終わろうとしているのに、この時はまだ少数が渡去せずに残っていた。
頭が交差しているのが面白くて撮った。
70-200ミリでも結構撮れるのがこのとき分かった。
d0230507_14471302.jpg















# by minnamiya | 2018-12-26 14:55 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

オニアジサシ 飛翔2

前回オニアジサシの飛翔の姿をアップしたが、今回は自分でも初めての画像を撮れたので紹介する。
上から画像番号5748,5749,5750。
高速連写で撮った。
なんと3枚目では宙返りをしていた。
この次の5751の画像は完全なピンボケだった。
d0230507_19361914.jpg
















d0230507_19355204.jpg
















d0230507_19353511.jpg
















高速で撮れるお陰でこんな姿も撮れることを初めて知った。

# by minnamiya | 2018-12-21 19:44 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

オニアジサシ 飛翔1

前回オニアジサシの画像をアップしたが、今回飛んでいる画像を紹介する。
オニアジサシは、中国の海岸地帯などに周年生息しているが、我が国にはまれな旅鳥や冬鳥としてやって来る程度だ。
しかし、この吹上浜海岸にはたびたびやって来ていて、鳥友たちはこれまでに美しい写真を撮っている。
考えてみれば、中国と我らの吹上浜とは海を隔てているだけで、飛翔力に優れた彼らが一気に飛んできてもおかしくない。
それはともかく、初めて間近に見て、写真を撮りまくった。
およそ400枚も撮ったものだから、画像の処理に追われてしまった。
しかし、たくさん撮ったおかげで少しはいいのも撮ることができた。
高速連写で撮った飛翔の画像。
遠くを飛んでいたのでトリミングしている。
d0230507_09204634.jpg
















d0230507_09195791.jpg
















d0230507_09202019.jpg
















d0230507_09193115.jpg
















次回はこのオニアジサシの別な飛翔画像を紹介したい。
そこにはびっくりする姿が捉えられていた。

# by minnamiya | 2018-12-18 09:40 | Comments(0)  

クロツラヘラサギとオニアジサシ

昨日15日(土)久しぶりに晴れて、おまけに時間が取れたので万之瀬川河口に鳥見に行った。
お目当ては今の時期は、クロツラヘラサギだ。
サンセットブリッジの下流に飛んできたので望遠鏡で覗くと、見たことのない鳥が目に入る。
たぶんオニアジサシだ。
近くで撮ろうとサンセットブリッジに三脚とカメラを担いで行く。
ところが、オニアジサシらしき鳥が目につかない。
飛んだはずはないのにと探すがいない。
しばらくクロツラヘラサギを撮ることにした。
d0230507_19045363.jpg
















よく見ると足環をつけたのがいる。
オレンジ色の足環からおそらくSO6に違いない。
画像を拡大して見るとやはりSO6だ。
このクロツラヘラサギは、いちき串木野市の八房川(やぶさがわ)に先週もいた。
SO6はこの万之瀬川と八房川を行ったり来たりしている。
d0230507_19051062.jpg
















しばらくしてオニアジサシらしき鳥が視界に入る。
d0230507_19042659.jpg
















d0230507_19025107.jpg
















写真を撮っていると、鳥友の師匠が来たので尋ねるとやはりオニアジサシだとのこと。
私にとっては初めて撮る鳥だ。
たくさん撮りまくったが、あまりいいのが撮れない。
でも、後から飛翔の姿を上手く撮れた。
その画像は次回に!

# by minnamiya | 2018-12-16 19:24 | ふるさとの野鳥 | Comments(0)  

ふるさと雑感

けんぼうの夢想話


           青いレモン

 
 11月の最終の日曜日 私の住んでいる川畑校区の文化祭が

小学校の体育館であった

10数年前から 地域を元気にしようと 校区の文化祭と

小学校の学習発表会(学芸会)をいっしょにするようになった

始めた頃は出演者も多く 私の所属する商工クラブも

バザーと寸劇の役割を担っていたが 10年ほど過ぎたころ 

バザーがなくなり 文化祭から遠のいてしまった

今年は川畑小学校が創立140周年ということで

花を添えようと 商工クラブも踊りで参加することになった

踊りは明治維新150年 そして大河ドラマ せごどん にちなんで 

かつて西郷輝彦が歌っていた青年おはら節である 

当初はメンバー男6人と踊りの先生・アッちゃんと7人で踊る予定だったが 

2.3回練習するうちに いつのまにか劇仕立てとなり 

私の女房とキヨタカさんの奥さん・マユミさん2人が 

露払い役で出ることになった


当日体育館の舞台の下の倉庫で 舞台衣装に着替える 

黒いタイツといいたいところだが ジヤージに 黄色い派手な法被 

それに紅い帯をまき 頭には菅傘 手には鳴子

それだけで雰囲気が出てくる 馬子にも衣装とよく言ったものだ

出番まで少し時間があったので 子供たちがどんなことをするのか見てみたくなり

舞台の袖に上がって行った 

カーテンの隙間から見ると 器楽演奏 マーチングバンドらしい 

20数名いるだろうか 低学年を除いて全員参加のようだ
帽子にオレンジのスカーフ おっ きまっている

演奏が始まる 迫力のある音が響く 太鼓が小気味よいリズムを刻み 
将来はアート・ブレーキ―かエルビン・ジョーンズかと

思うほど上手いものであった

その演奏中 小太鼓の4年生ぐらいの男の子が 私にきづき 

おかしな格好をした爺ちゃんが見ていると 私を見てにたっと笑った

どこの子か知らないが こらっ よそ見をするな!と思わず口に出る

それにしても我々の頃の カスタネット タンバリン トライアングル

木琴 バンドとは大違いである

子供たちのマーチングバンドの後が いよいよ我々の出番で

幕が開き 露払い役の二人が出て行く ふたことみことの掛け合いがあり

その後が踊りである 舞台に出ると会場の視線を感じ しばし緊張する 

会場を見ると 思っていたより観客が多い

簡単な踊りではあるが 2.3回の練習で上手に踊れるものではなく 

アッちゃん先生を横目で見ながら 3分あまり四苦八苦しながら踊る

やっと終わった ホッとする  


その晩はお決まりの反省会(のんかた)である

踊りに参加したメンバー全員が 公民館で鍋を囲みながらワイワイやる

ビールが旨い 終わったという安堵感と少しの達成感がみんなを包む

酔いが回るにつれ 話がはずみ 
踊りの先生・アッちゃんが 「あたいが4年の時じゃった 
80周年の祝えが講堂であって みんなで遊戯をしたが 
見てが多かって 講堂に入りきれんばっかいじゃった」 

するとキヨタカさんが 「アッちゃんが4年なら おいは5年 マユミが1年生か

たしかナゲドン(長井菓子店)の紅白のモシコ(型菓子)をもろたきがすっ
マユミは覚えちょらんか?」
マユミさんが「学校へ入ったばっかいで よく覚えちょらん」と首を横に振る

キヨタカさんとマユミさんは夫婦で 

家は唐仁原病院の下の 道路を挟んで上下であった

いわゆる4ツ違いの幼なじみで 青いレモンの味がする間柄である

そんな二人が60年後 孫といえる子供たちの前で踊りをするとは
面白いものである
二人とももう青いレモンとはいえず ダイダイになってしまったが
………

とりとめの話が続き 楽しい晩が更けていく


私のまわりの他愛もないことだが
マスコミを賑わしている 世界をまたにかけた 

数十億円のゴーンさんと比べたら

なんと ささやかな はなしであろうか


   ダイダイも 青い時あり 秋深し  (健)




d0230507_13201947.jpg



d0230507_13203687.jpg


# by minnamiya | 2018-12-12 20:17 | ふるさと雑感 | Comments(0)